スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

冷やし中華始めました的な勢いで少年野球コーチ始めました。『楽しさ』と『真剣さ』のバランスを模索中です。

冷やし中華始めました的な勢いで少年野球コーチ始めました。『楽しさ』と『真剣さ』のバランスを模索中です。

『冷やし中華始めました』くらいの勢いで『少年野球コーチ始めました』。
以前から友人やソフトボールチームで一緒の父兄の方々から声を掛けていただいてたんですが、ずっと悩んでました。
土日などの休みが全部潰れちゃうとか、自分の娘が入ってる訳ではないので家族の時間がなくなっちゃうとか。
いろいろ考えてたんですが、思い切って昨日からスタートしてみたじょびスポです。

やっぱり野球が大好き

先ほどあげたようなマイナス要因も少年野球コーチを引き受けるにあたってはありますが、受けた理由は『やっぱり野球が大好きだから』。
マスターズ甲子園大会を目指したり野球に触れる機会がここのところ多く、自分がどれだけ野球が好きなのかを痛感したんです。
野球が好きだって言ってくれる子たちを増やしたいなって思うし、そんな子たちに何かしてあげたい。
一緒になって野球をしたいなって思ったのが理由です。
監督をはじめお父さんコーチやOBコーチなどいろんな関係者の方々がいるけど、やっぱりみんな野球が好き。
この一言に尽きるんですよね。
大変なこともありますが、それ以上に野球愛を持って子供たちと接してくれているんですね。
チーム関係者の皆さんと一緒になって盛り上げていきたいなって思います。
自分の学んできたことを伝える場を持てたことに感謝です。
全国の少年野球関係者もきっと同じ気持ちで取り組んでくれてるんだと思います。

「楽しさ」と「厳しさ」の狭間

初めて「お手伝い」として参加した練習で感じたのが、「楽しさ」と「厳しさ」のバランス。
この二つの狭間でバランスを取ることの難しさ。
プレーに対して厳しく指導する。
そこに子供たちへの愛情がなければ「ただ怒る」ことになってしまいます。
愛情が込もっていればそれは「指導」でもあります。
他人から見たらただ怒鳴っているように見られてしまっても選手との信頼関係が大切。

選手たちだって、楽しく野球をやりたい気持ちは分かります。
でも、楽しむのとダレるのは紙一重。
おチャラけてプレーするとそこに「危険」が生じることもあるし、ケガをしてしまうこともあります。
自分自身もそうだったもんなぁー(笑)
ピリっとした空気も大切なことは伝えたいな。
僕にはまだ厳しさを伝えるための選手との信頼関係ができてないので、築き上げてかなきゃだな。

単純に野球少年たちは可愛らしいなぁーって思って微笑ましくなっちゃいました(笑)。

「楽しさ」と「真剣さ」

まだ1回しか言ってませんが、僕の中での現在のテーマはこれだな。
「楽しさ」と「真剣さ」。
厳しくというのが苦手な僕は「真剣さ」を伝えたいと思います。
今のプレーがどういう結果に繋がってしまうのか?

昨日のバント練習ではランナー2塁からの送りバントの練習でのこと。
ランナーってただ走るだけだとつまらないから、段々とダラけて適当になってくるんですよね(笑)。
そこで一言伝えてみたんです。

今さぁー、適当に走って暴走してアウトになったよね?
送りバントをするってことはチームとして1点が欲しいわけじゃん?
せっかく送ってくれたのに、今の走塁でアウトになっちゃったら意味がなくなるよね?
だからさ、考えて真剣にやろうよ。

こんな風に声掛けてみたんです。
そうしたら次から真剣にやってくれてて、凄く嬉しかったな。
自分もまだまだコーチとして一歩足を踏み入れただけですが、しばらくは「楽しさ」と「真剣さ」をテーマにしてみます。
監督や他のコーチの皆さんともいろいろ話し合ってチームのためになれたらいいなぁ。
週末もこれから楽しめそうです!
それでは、またっ!

 


野球カテゴリの最新記事