スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

ロック

2/36ページ

クラプトンがジョン・メイオールと「Hoochie Coochie Man」 すべてのブルースとロックンロールはこの曲から生まれたんじゃないの?と思ってしまう曲

マディー・ウォーターズ 全てのブルース ロックンロール は このフレーズから生まれたんじゃないの? と思ってしまう そんな カッコいいギターが聴ける曲 最初にリリースしたのは マディ・ウオーターズ 1954年ころと言 […]

ボ・ディドリーの「Road Runner」がジョーのリフでエアロ風に どちらも追いつけない快感が楽しい

エアロスミス スティーヴン・タイラーが10歳のときのこと リリースされた こうやって聴くと エアロのためにあるような曲にも思えてくる さすがに ジョーのギターはそれ風だけど うまくアレンジしてるなあ Road Run […]

エアロスミスもカヴァー・アルバムの1曲目にもってきた ボ・ディドリー「Road Runner」 自信を持って突っ走ろ― って気持ちも大事だなあ

自分の速さに自信があるって 聴いてて心地いい 昔々 1959年に ボ・ディドリーがリリースした親しみのある一曲 なぜ親しみか ’59年と言ったら 個人的には生まれたころ そんな同じ時代に 海の向こうでは ハチャメチャ […]

メイオールと一緒のクラプトン「All Your Love」 ひとはだれでも違ってる どんなちがいでも信頼するのが大事なんだよね

ジョン・メイオール ジョンと一緒に過ごしたから オーティス・ラッシュに行きついた そのすごさが分かったのかも グリッサンドのお手本のような クラプトン 前回に続いて All Your Love やっぱりクラプトンのV […]

自分が自分であろうとする そんな時 ドクター・ジョンを思い出す 「RIGHT PLACE WRONG TIME」

ドクター・ジョン 亡くなられてもう半年以上が経つんだ・・ でも行先は 間違ってなかったなんて かっこいい人生だったと思う Right Place, Wrong Time 今の自分より 少し前に歩こう 自分を信じて 受 […]

自分の等身大を受け入れて そして向上する 決められた所から決められた場所へのスライドではなく グリッサンドのように

エリック・クラプトン クラプトンのブルースを本気で聴いたのは ジョン・メイオールと一緒に演ったときのが最初かも知れない ヤードバースを抜けて まだ二十歳そこそこだったと思いますが すぐそこに大金があるのにあっさり抜け […]

一緒にセッションとかって 各々が相手にとってなにが出来るか、して上げれるかが大事なんだなと思った ジュニア・ウェルズ「Hey Lawdy Mama」

Lawdy Mama クリームがBBCで演ったのは ジュニア・ウェルズの「Hey Lawdy Mama」が元らしい この時のギターは バディ・ガイ クリームと聴き比べると なんとなく面白い Hey Lawdy Mam […]

生きるって 今がずっと続く 準備期間とか助走とか無いんだよね いつも何かしら新しいものが突然生まれるのが 今を生きるってことかな クラプトン「Tearing Us Apart」のように

前回 年の初めの計画について ちょっと斜に構えてしまいましたが もちろん 個人のスタイルなので 大いに現状分析 課題の発見 目標設定 行動計画・・・軌道修正・・・ 頑張りましょう! やっとわかった自身のスタイル それ […]

今年も走って行こうかな クラプトン「RUN」 でも今生きてることに感謝を忘れずに だよね

2020年の始まりですね 今年も走って行きたいと思ってます が、ある程度の歳まで来ましたので、歩いたり、ゆっくり歩いたり、歩みを止めて空を眺めたり、地面の小石を見つめたりしながら走って行きたいと思う RUN 新年にな […]

クラプトンの危い感じに引き寄せられているのだろうか  寄り道をすると返って来たくなる場所  「Cocaine」  スティーヴとのステージを見るとその波動が一層強くなる

クラプトンの人生を まだまだ上辺だけですが 見て行くと その危うさに心を留めてしまう 自分の いろんな人生の節目 節目 なんてカッコつけて言うけど いつも挫折してきた人生 それでも コケてずっと座り込んでいるわけにも […]

1 2 36