スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

ポール・サイモン

1/2ページ

今日は夏の土用の「間日」なので、駐車場の草取り  蚊との戦いでもありました  無心に取り組む時間って今を生きてるって感じる時でもありました

こんにちは、 夏の土用はもう少し 8月6日まで続きます 土の神様 土公神(どくしん) が土の中にいらっしゃる ということで 土いじりはしばらくご法度ですね その中でも、間日(まび)は、天に行かれる日なので、その日は […]

治療経過はすごくいいみたいだ  素直にうれしいが、以前のように健康と不健康を比べなくなった  人って存在そのものが価値があるんだ   ポール・サイモン「Mother and Child Reunion」

3回目の訪問 入院時のお医者さんの説明で、”目標は2週間で退院” 来週がそのゴールになる さあ、どんなかな? 期待と不安と・・ 今回お世話になっている病院はすべてが個室 階層別で、担当科が違うんだと思う 見晴らしのい […]

ポール・サイモンとウィリー・ネルソン「Homeward Bound」  過去は懐かしさだけで振り返るのがいい  今に存在していることが価値があるから  今があれば人の役に立てる

思えば遠くまで歩いてきたなあ と自分の人生を振り返ってみるのもいいかな ふり返ってみるのもいいけど 気を付けなきゃいけないのは 過去に執着すること 「ああ あの頃は・・」とか「あの時 ああすれば・・」とか 過去に執着 […]

小さいころを思い出すのに最適な ポール・サイモン「 Late In The Evening」

昔々を思い出すのには こんな テンポなんだな と気づかせてくれる Late In The Evening こどもの頃って スピード感が全然ちがったような気がする 突っ走って 行き過ぎて 昔は舗装されていなかったから […]

ただそこに居る 存在している 生きているだけで 人は価値があるんだよね  「いつも人のために」と考えながら存在することが大事  ポール・サイモン「 I Know What I Know 」

小さい頃 学校では 貢献感ということを教えてくれたであろうか 記憶にあるのは いつも競争していた感覚 先生たちは 良い行動をしようと 言っていたように思うが それは 人のためではなく 自分のため より良い良識を身に付 […]

人を愛するのは 他者貢献している生き方に通じる ポール・サイモン「Still Crazy After All These Years」

生きて働いてる 成功する というこだわりが無くても いわゆる 何かを成し遂げなくても 生きて働いてる ことが 他者貢献 してるってこと Still Crazy After All These Years それで 他愛 […]

これただものじゃない と思った時には遅かった マイケル・ブレッカー「Still Crazy After All These Years」 サイモンのバックで偉才を放つ

日本でもおなじみのサックスプレイヤー マイケル・ブレッカー ポールの節のまわし方に誘われ マイケルのそのインパクトあるテナーに魅了された方 多いんじゃないですかね テナー・サックスっていつの時代も 突如としてすごいプ […]

これを言うのってどうかな?とか、どう思われる?とかを持ち込まないようにすれば自由になれる。もちろん自由が許される範囲で  ポール・サイモン「Mrs.Robinson」

なにか 嫌なことがあったり続いたりして 腹が立つとか 不安になるとか そんな時、やらねばならぬことを先延ばしってよくする 他の何かで気を紛らせて 不安とか 怒りとかを一時的に忘れている状況をつくる けっこうあるよね  […]

始まりと終わりは強固な手によりジョイントされている ポール・サイモン「I Know What I Know」をあらためて聴いてそう思う

’80年代は 人類に関してよく考えさせられる時期だった 人類たって そんな大層には言えないけど それなりに 考えてた時期だった I Know What I Know ついこの間 閉幕した ラグビーワールドカップ 南ア […]

’72年 そこに青春の塊りがあった   その年 ポール・サイモン「Me & Julio Down by the Schoolyard」という不可解な曲がリリース 悩まされました

’72年ごろだったか 自分にとってその頃の世の中は ミュンヘンオリンピック一直線だった まだ中学生で 部活に打ち込んでる少年 全日本バレーボールが 心のある程度を占めていた 猫田 森田 大古 横田  松平監督の下 偉 […]