スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

ローリング・ストーンズ

大人と子供は対等という考え方 自分の人生は自分でしか決めれないし、責任も自分でしか負えない  「Love In Vain」を聴きながら

子供が出来た時、なんとなくだけど 子どもの人格を認めようと、なんとなくだけど思ってた そんな風に接してきて今がある 子供は大人の社会の何を見て成長してきたんだろう もし目標の一つになってれば、そんな幸せなことは無い […]

自分を信じないヤツは小さいことに意地を張る  そんな時はストーンズの「Satisfaction」を聴いて小っちゃい自分を感じてみれば

自分を信じないヤツは 小さいことにも意地を張る 勝ち負けにこだわる 勝ち負けに敏感・・   「ここで負けてはいられない」 「ここで負けるわけにはいられない」 きっと 自分に自信が無いんだ 自分を信じてんない […]

ローリング・ストーンズ 「Sweet Virginia」 郷愁を誘う  ギター、サックス、エンディングコーラス

前回に続いて Sweet Virginia   ローリング・ストーンズを良く知らなかった・・というより 30年近く前に 親切な先輩が 「ロック好きにはたまんないだろう?!」って ストーンズをカセットテープに […]

ローリング・ストーンズ「Little Red Rooster」 いつの間にか 幼馴染のような 空気です

昔の友だちは いいもんだ 普通じゃ 許せないことも 許してくれる 不義理を 尽くしても 大きな手を広げて 「おいでよ」と 迎え入れてくれる そんなの 昔の友だちしか ないよね Little Red Rooster  

【ロックなメローお勧め】 ローリング・ストーンズ「Start Me Up」 ハイド・パークは特別な場所

こんにちは、メローです。 適と~にロックしている還暦です。遠い昔を少しずつ手繰り寄せながら、その日に思いついたことをつづってロックしてます。 本格的に洋楽に出会ったのは小学校6年生くらいだったか・・・ サイモン&ガー […]

ロックが大きく動いた1969年、ストーンズも「レット・イット・ブリード」を世に送り出しました

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) 1969年、それはロックが大きく動いた年ですね。 マイ・フェイバリットの一つになっているアルバムが多数でた年だ!と思っている方が […]

ローリング・ストーンズとエリック・クラプトン、2組の伝道師がブルースを紡いでいく

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) シャンペン・アンド・リーファー 前回、エリック・クラプトンとローリング・ストーンズの協演をご紹介しました。 改めて、「リトル・レ […]

ローリング・ストーンズとエリック・クラプトンの協演、根っこは太いブルースの巨人【ウィリー・ディクソン】

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) リトル・レッド・ルースター ブルースの生い立ちを、気にさせる曲の一つ、リトル・レッド・ルースター ウィリー・ディクソンの曲だった […]