スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

注目のNPBドラフト会議、注目選手の指名・各チームの結果は?

注目のNPBドラフト会議、注目選手の指名・各チームの結果は?

こんにちはー。
2019年10月17日(木)に令和最初のNPBドラフト会議が開催されました。
野球人あるあるネタですが、指名されるはずはないのにソワソワしてしまうじょび スポです。
毎年ドラフト会議の日はネクタイを締めてビシっと仕事することにしてます(笑)。

野球人なら分かってくれますよね?(笑)

注目選手の交渉権は

今年のドラフト会議の注目選手といえば高校生の大船渡高校の佐々木朗希投手、星稜高校の奥川恭伸投手、そして東邦高校の石川昂弥選手かと思います。
いずれの3人も各球団から1位指名を受け抽選の結果交渉権を獲得した形となりました。
まず大注目は160キロを越すストレートを投げる佐々木朗希投手は、日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団からの1位指名を受け、抽選の結果は千葉ロッテマリーンズが交渉権を獲得。
夏の甲子園準優勝投手の奥川恭伸投手は阪神・巨人・ヤクルトの3球団からの1位指名を受け、抽選の結果はヤクルトスワローズが交渉権を獲得。
春のセンバツ甲子園大会優勝の東邦高校・石川昂弥選手は打力を買われてオリックス、中日、ソフトバンクの3球団からの1位指名を受け、抽選の結果は中日ドラゴンズが交渉権を獲得。

個人的にはそれぞれ良い球団に決まったんじゃないかなぁって思ってます。
特に石川昂弥選手は愛知県半田市出身なので地元球団からの指名となり、昨年の根尾昂選手に続いて依田監督が抽選で引き当てるという強運を発揮しましたね。
これからの3選手の成長にも期待したいとこですね。

外れ1位とはいえどもさすがに各球団とも1位指名選手はそうそうたる顔ぶれですね。

各球団のドラフト指名選手

セ・パ12球団のドラフト指名選手を一覧に記しながら少し個人的なコメントをさせていただきます。

読売ジャイアンツ

1位 堀田賢慎  投手  青森山田高
2位 太田龍   投手  JR東日本
3位 菊田拡和  外野手 常総学院高
4位 井上温大  投手  前橋商業高
5位 山瀬慎之助 捕手  星稜高
6位 伊藤海斗  外野手 酒田南高

育成1位 平間隼人  内野手 徳島インディゴソックス
育成2位 加藤壮太  外野手 埼玉武蔵ヒートベアーズ

個人的に注目してた堀田投手が巨人に決まったのは個人的に(アンチ巨人なので)ちょっと残念。
クセのないバランスの良いフォームから投げるボールは注目です。
また阿部慎之助の引退した翌年に同じ捕手で同名の山瀬慎之助くんが入団するってなんかミラクルが起きそう。
育成ドラフトで独立リーグから指名しているのも注目ですね。

横浜DeNAベイスターズ

1位 森敬斗   内野手 桐蔭学園高
2位 坂本裕哉  投手  立命館大学
3位 伊勢大夢  投手  明治大学
4位 東妻純平  捕手  智弁和歌山高
5位 田部隼人  内野手 開星高
6位 蝦名達夫  外野手 青森大学
7位 浅田将汰  投手  有明高

驚きの巧打で守備に定評のある森敬斗選手の単独1位指名!
ベイスターズとしては内野手が手薄だからこそどうしても欲しい選手だったんでしょうね。
7位指名ではありますが、有明高の浅田投手も伸び代がありそうで期待したいとこ。

阪神タイガース

1位 西純矢   投手  創志学園高
2位 井上広大  外野手 履正社高
3位 及川雅貴  投手  横浜高
4位 遠藤成   内野手 東海大相模高
5位 藤田健斗  捕手  中京大中京高
6位 小川一平  投手  東海大学九州キャンパス

育成1位 小野寺暖  外野手 大阪商業大学
育成2位 奥山皓太  外野手 静岡大学

阪神は将来性重視の高校生中心のドラフト指名でビックリしました。
しかしながら、西投手、井上選手、及川投手と名の知れたポテンシャルを持った選手が取れたのは大きいですね。
将来を期待させるような選手の今後の成長に期待したいとこです。

広島東洋カープ

1位 森下暢仁  投手  明治大学
2位 宇草孔基  外野手 法政大学
3位 鈴木寛人  投手  霞ヶ浦高
4位 韮澤雄也  内野手 花咲徳栄高
5位 石原貴規  捕手  天理大学
6位 玉村昇悟  投手  丹生高

育成1位 持丸泰輝 捕手  旭川大学高
育成2位 木下元秀 外野手 敦賀気比高
育成3位 畝章真  投手  香川オリーブガイナーズ

1位指名で森下投手を一本釣りできたのはカープにとっては凄く大きいところ。
今後FAで現在の主力投手が流出の可能性もあるため、即戦力の森下投手が取れたのは大きい。
3位の霞ヶ浦高の鈴木投手も成長を期待させる好投手です。

中日ドラゴンズ

1位 石川昂弥  内野手 東邦高
2位 橋本侑樹  投手  大阪商業大学
3位 岡野祐一郎 投手  東芝
4位 郡司裕也  捕手  慶應義塾大学
5位 岡林勇希  投手  菰野高
6位 竹内龍臣  投手  札幌創成高

育成1位 松田亘哲 投手 名古屋大学

何と言っても1位で地元出身の石川選手が取れたのは大きいですね!
そして現在手薄な投手中心のドラフトですが、注目は育成1位の松田投手。
名古屋大学から初のプロ野球選手というのも驚きですが、高校時代はバレー部出身という選手。
プロのレベルでさらなる成長ができるか期待したいとこです!!!

東京ヤクルトスワローズ

1位 奥川恭伸  投手  星稜高
2位 吉田大喜  投手  日本体育大学
3位 杉山晃基  投手  創価大学
4位 大西広樹  投手  大阪商業大学
5位 長岡秀樹  内野手 八千代松陰高
6位 竹岡龍世  内野手 八戸学院光星高

1位に抽選の末、奥川投手が取れたのが全てではないでしょうか?
高津新監督が最初の仕事で大きな仕事をやってのけたぁ!!!
思わずオォォーーーっと唸ってしまいましたもん。

埼玉西武ライオンズ

1位 宮川哲   投手  東芝
2位 浜屋将太  投手  三菱日立パワーシステムズ
3位 松岡洸希  投手  埼玉武蔵ヒートベアーズ
4位 川野涼多  内野手 九州学院高
5位 柘植世那  捕手  Honda鈴鹿
6位 井上広輝  投手  日本大学第三高
7位 上間永遠  投手  徳島インディゴソックス
8位 岸潤一郎  外野手 徳島インディゴソックス

育成1位 出井敏博 投手 神奈川大学

社会人から即戦力投手を指名していますが、注目は3位の松岡投手。
サイドスローからまるでイムチャンヨンを彷彿とさせるフォームから投げてきます。
投手転向は高校3年生の終わり頃からという変わり種ですが、独立リーグに進んで急成長!
個人的に期待したい選手です。

福岡ソフトバンクホークス

1位 佐藤直樹  外野手 JR西日本
2位 海野隆司  捕手  東海大学
3位 津森宥紀  投手  東北福祉大学
4位 小林珠維  内野手 東海大学付属札幌高
5位 柳町達   外野手 慶應義塾大学

育成1位 石塚綜一郎 捕手  黒沢尻工業高
育成2位 大関友久  投手  仙台大学
育成3位 伊藤大将  内野手 八戸学院光星高
育成4位 勝連大稀  内野手 興南高
育成5位 船越秀虎  外野手 城北高
育成6位 荒木翔太  内野手 千原台高
育成7位 村上舜   投手  山形中央高

育成ドラフトを大量に指名してきたソフトバンクですが、過去にも千賀投手や甲斐捕手のように育成から這い上がってきた選手もいます。
ここからどんな選手が出てくるか期待ですね。
東海大学の海野捕手が早い段階で一軍に上がってくるのではと期待してます。

東北楽天ゴールデンイーグルス

1位 小深田大翔 内野手 大阪ガス
2位 黒川史陽  内野手 智辯学園和歌山高
3位 津留崎大成 投手  慶應義塾大学
4位 武藤敦貴  投手  都城東高
5位 福森耀真  投手  九州産業大学
6位 瀧中瞭太  投手  Honda鈴鹿
7位 水上桂   捕手  明石商業高

育成1位 江川侑斗 捕手  大分高
育成2位 小峯新陸 投手  鹿児島城西高
育成3位 山崎真彰 内野手 ハワイ大
育成4位 澤野聖悠 内野手 誉高

大量11選手を指名した楽天ですが、個人的な注目選手はハワイ大出身の山崎選手。
183センチの大型遊撃手でアメリカでも活躍した選手。
育成4位に今年の愛知県大会を制して甲子園初出場を勝ち取った誉高校から澤野選手が指名を受けました。
陰ながら応援したいし、注目していきたいとこです。

千葉ロッテマリーンズ

1位 佐々木朗希 投手  大船渡高
2位 佐藤都志也 捕手  東洋大学
3位 髙部瑛斗  外野手 国士舘大学
4位 横山陸人  投手  専修大学松戸高
5位 福田光輝  内野手 法政大学

育成1位 本前郁也 投手 北翔大学
育成2位 上田将太 捕手 慶應義塾大学

何と言っても今回の大注目選手である佐々木投手を抽選で獲得したのが大きい。
佐々木投手をどう育てていくのかが凄く期待と不安が入り混じる雰囲気ですね。
身体の成長具合と相談しながら3年くらいで1軍に出てきてくれたらいいなって思ってます。
日本の宝になりうるポテンシャルですからジックリ育てて欲しいですね!

北海道日本ハムファイターズ

1位 河野竜生  投手  JFE西日本
2位 立野和明  投手  東海理化
3位 上野響平  内野手 京都国際高
4位 鈴木健矢  投手  JX-ENEOS
5位 望月大希  投手  創価大学
6位 梅林優貴  捕手  広島文化学園大学
7位 片岡奨人  外野手 東日本国際大学

育成1位 宮田輝星  外野手 福岡大学
育成2位 樋口龍之介 内野手 新潟アルビレックスBC
育成3位 長谷川凌汰 投手  新潟アルビレックスBC

即戦力を期待したい社会人投手中心となった今年の日本ハムファイターズ。
例年通り一番良い選手を狙いに行くドラフト戦略はブレなくて好きです。

オリックス・バファローズ

1位 宮城大弥  投手  興南高
2位 紅林弘太郎 内野手 駿河総合高
3位 村西良太  投手  近畿大学
4位 前佑囲斗  投手  津田学園高
5位 勝俣翔貴  内野手 国際武道大学

育成1位 佐藤一磨  投手  横浜隼人高
育成2位 谷岡楓太  投手  武田高
育成3位 中田惟斗  投手  大阪桐蔭高
育成4位 平野大和  外野手 日章学園高
育成5位 鶴見凌也  捕手  常磐大学高
育成6位 大下誠一郎 外野手 白鴎大学
育成7位 佐藤優悟  外野手 仙台大学
育成8位 松山真之  投手  富山GRNサンダーバーズ

育成選手を大量の8人指名をしてきたオリックス。
興南高の宮城投手が早い段階で出てくるんじゃないかと期待したいとこです。
この育成選手たちがどう扱われるのか、吉と出るか凶と出るか?

まとめ

今年も数多くのプロ野球選手が誕生します。
ここから1軍で活躍するような選手になるのは一握りの選手のみ。
プロになれるだけの素質を持った素晴らしい選手ばかり。
ここからの成長に期待したいですね!!!
活躍できないと数年でクビになってしまう厳しい世界ですが、活躍を楽しみにしたいと思います。
指名を受けた選手の皆さん、おめでとうございます!

それでは、またっ。

野球カテゴリの最新記事