スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

感動をありがとう!!!全力を尽くしたが日本代表はベスト8で散る!

感動をありがとう!!!全力を尽くしたが日本代表はベスト8で散る!

こんにちはー。
昨日はラグビー日本代表の初の決勝トーナメントの試合が開催されました。

日本代表VS南アフリカ代表

準々決勝の相手は4年前に大金星を挙げた南アフリカとの戦い。
世界の強豪との熱い戦いに感動しました。
結果は残念ながら3−26という結果でベスト8で敗退となりました。
熱い熱い戦いとなりましたねー。

https://twitter.com/rugbyworldcupjp/status/1185893467097980929

前半は両チームのディフェンスが発揮されてロースコアの3−5という結果。
日本の粘り強いディフェンスで南アフリカが焦りからミスを連発し、これはいけるんじゃないかという気持ちで折り返せました。

しかし後半は南アフリカが自力を発揮してきて日本陣地にフォワード戦で押し込んでくる時間帯が増えました。
なんとか突破口を見つけたい日本代表でしたが、耐えきれず少しずつペナルティーキックで加点されていき、最後はトライも取られて突き放されました。
しかし、最後まで戦い抜いた日本代表は素晴らしかった。
そして南アフリカは強かったぁーーー!

南アフリカの凄かったところ

SHのファフ・デクラーク

個人的に注目していた南アフリカ選手はプレイヤー・オブ・ザ・マッチにも選ばれたファフ・デクラーク。
↓以前ブログでも紹介した素晴らしいプレイヤーです。
ワールドラグビー年間優秀選手賞にもノミネートされた南アフリカの小さな巨人【ファフ・デクラーク】

172センチと小柄なスクラムハーフですが、ディフェンスの出足が恐ろしく早く、田村選手もタックルで潰されてしまってました。
小柄なのに日本フォワード陣を受け止めてしまうパワー。
ボールのあるところに常に現れるエネルギッシュなプレーに手こずりました。
まさにプレイヤー・オブ・ザ・マッチに相応しい活躍でした。
ファフ・デクラークのスクラム前のボールクルクルが見れたのも個人的に嬉しかったです。

ラインアウト

スローインからのラインアウトが南アフリカが凄かったぁー。
今大会のマイボールラインアウト100%の成功率を誇る素晴らしいチームなんですが、日本ボールのラインアウトを何本も奪取されてしまいました。
日本としては、せっかくゴール前のマイボールラインアウトからのトライを狙いたいところを抑えられてしまったのはかなり痛いっす。
かなり研究されてたのかなぁって印象です。
それにしてもあんなに取られることってないですよね。

モールの突破力

これにやられたって感じ。
フォワードの突破は防いでいたのですが、ラインアウトからのモールによる突破が食い止めれなかったぁ。
何度もモールで押し込まれてしまってた印象。
凄い突破力でしたよね。
モールは最後尾から選手は入って押し返さなければならないのですが、真っ直ぐ押すだけじゃなく回転しながら振り払いつつゲインされてました。
日本の一番嫌な攻撃をしつこくされてトライも取られちゃったなぁ。

感動をありがとう

準々決勝で負けてはしまいましたが、予選プールを4連勝で1位通過して、史上初の決勝トーナメントへの扉をこじ開けてくれました。
前回大会では南アフリカにジャイアンキリングを起こし、3勝1敗の好成績を挙げながらもボーナスポイントの差で予選敗退。
あの悔しさを見事に晴らして決勝トーナメントへと進出。
日本中を感動させてくれたました!!!
世界に誇れる最高の日本代表チームでしたぁ!!!

試合終了後も円陣となってとても感動的な場面でした。
まさにワンチームとなって戦った証ですね。
大会を通じて新たなスター選手も出てきました。
4年後にはきっとこの二人がチームを引っ張ってくれてさらに一歩前進してくれることでしょう。

松島幸太朗選手、姫野和樹選手、頼んだぞ!!!
最高の日本代表の戦いをありがとうーーーー!!!

https://twitter.com/rugbyworldcupjp/status/1185897410108760065

この一ヶ月は日本代表のおかげでとても楽しませてもらいました。
感動をありがとう!
そしてお疲れ様でした。

まだ10月26日(土)のニュージーランドVSイングランド、27日(日)の南アフリカVSウェールズ戦。
そして11月1日(金)の3位決定戦、11月2日(土)の決勝戦が残ってるので楽しみにしたいと思います。
最後まで日本開催のラグビーワールドカップを堪能しちゃいましょうー。
それでは、またっ!
 


ラグビー・アメフトカテゴリの最新記事