スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

『マー君、神の子、不思議な子』シーズン24連勝という大記録を達成した日本のエース【田中将大】

『マー君、神の子、不思議な子』シーズン24連勝という大記録を達成した日本のエース【田中将大】

こんにちはー。
なかなかプロ野球も開幕しなくて寂しいですが、今日は野球少年たちの憧れの投手について。
今はメジャーリーグでバリバリ投げていますが、NPB時代や高校時代のことも書きたいと思います。

ニューヨーク・ヤンキース【田中将大】

現在アメリカ大リーグで現役でプレイするメジャーリーガーの田中将大投手。
日本ではマー君というニックネームで呼ばれている素晴らしい投手。
2008年の北京オリンピック、2009年、2013年WBCでも日本代表として日の丸を背負って投げてくれました。
気持ちを前面に出す気迫溢れる投球スタイルにファンも熱狂したもんです。

画像引用元 Wikipediaより

田中将大(たなか まさひろ)
1988年11月1日生まれ
兵庫県伊丹市出身
身長191センチ 体重98キロ

高校時代の駒大苫小牧の印象が強いのですが、兵庫県伊丹市出身です。
伊丹市立昆陽里小学校(こやのさと)時代に昆陽里タイガースというチームで4番キャッチャーとして活躍。
実は巨人の坂本勇人選手とはチームメイトでバッテリーを組んでたり、打撃を競い合っていた間柄。
中学時代は宝塚ボーイズにて肩の強さを買われて投手も兼任するようになり、北海道の駒大苫小牧へと野球留学。
1年秋の神宮大会では背番号2をつけて正捕手として出場していたんですって。
2年秋からエース兼主将としてチームを引っ張り甲子園で大活躍をしたんですよね。
そして2006年9月25日のNPBドラフト会議にて4球団から1位指名を受け、抽選で東北楽天ゴールデンイーグルスへと入団。
ルーキーイヤーから11勝7敗の好成績を納め新人王も獲得。
その後は東北楽天ゴールデンイーグルスのエースとして活躍し、2014年1月にポスティングシステムによりニューヨーク・ヤンキースへと移籍。
2014ー2019まで毎年10勝以上をあげチームの先発ローテーションの一角として活躍しています。
波のない安定した活躍が凄いなぁ。
ということで、昨シーズンの田中将大投手の動画をどうぞ。

MAX157キロのストレート、約140キロほどのSFF、約135キロのスライダーを軸に、約145キロのシンカー、約142キロのカッター、約120キロのナックルカーブも投げます。
制球力も良く、SFFで三振の山を築く素晴らしい投手ですね!

無傷のシーズン24連勝

「マー君、神の子、不思議な子」と故・野村克也監督からもエースとして育てられた田中将大投手。
NPB時代のベストは間違いなく2014年シーズン。
開幕以来無傷の24連勝を飾ったシーズンです。
28登板・27先発し24勝0敗1セーブ、防御率1.27という驚異的な数字を残しました。
最多勝、最優秀防御率、勝率第1位、沢村賞、最優秀選手賞などのタイトルを総なめにしたのも凄かったんですが、全試合で6イニング以上、自責点3点以下という安定した成績が凄かったなぁ。
リーグ優勝を決める場面、日本シリーズでの最終回にリリーフして胴上げ投手にもなっています。
チームをエースとして引っ張り日本一にしたという素晴らしいシーズンを送り、メジャーへと挑戦したんです。
シーズン24連勝、そして昨シーズン終盤の成績も含めた28連勝、ポストシーズンの2勝も含めた30連勝の3つがギネス記録として認定されました。
ギネス記録って凄いですよね!
そんな24連勝のダイジェストをご覧ください。

迫力が凄いですね!
最高の投手の一人ですね!!!
 

伝説の決勝再試合

田中将大投手の高校時代の最高のライバルと言えば、早稲田実業高校のエース斎藤佑樹投手。
忘れられない伝説の試合となったのが、2006年の夏の甲子園大会決勝。
延長15回まで1−1の同点のまま、引き分け再試合となりました。
翌日の再試合は3−4と最終回まで白熱の好ゲームでしたが、最後は田中将大選手が三振で試合終了。
田中将大投手は決勝1試合目は3回途中からリリーフ登板し、翌日も1回途中から登板。
対する斎藤佑樹投手はこの大会中ほぼ一人で投げきり2日連続完投して一躍時の人となりました。
ということで、伝説の試合のダイジェストをどうぞ。

再試合。

最後はドラマチックな展開となり大注目となりましたし、高校野球って素晴らしいなって思った好試合でした。
田中将大投手の高校時代の公式戦成績も凄かったんです。
甲子園成績は春夏通じて12試合の登板で8勝無敗。
公式戦通算では57試合の登板で35勝3敗、計329回2/3を投げ防御率1.31、奪三振数は平成の怪物・松坂大輔投手を超える458奪三振、打っては高校通算13本塁打も記録しています。
高校時代から圧倒的な成績を残した素晴らしい投手でしたね。
ということで、高校時代の田中将大投手の動画をご覧くださいませ。

吠えるマー君カッコイイわぁー!!!
スライダーえぐい!
気迫溢れる投手好きだわぁ。

また田中将大投手のような素晴らしい投手が出てくることを期待して夏を待ちたいと思います。
それでは、またっ!



野球カテゴリの最新記事