スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

女子プロ野球のレベルはハッキリ言って想像以上でしたぁ!【愛知ディオーネVS埼玉アストライア】

女子プロ野球のレベルはハッキリ言って想像以上でしたぁ!【愛知ディオーネVS埼玉アストライア】

こんにちはー。
マスターズ甲子園ロスですが、野球熱が冷めやらぬじょびスポです。

人生初観戦してきた女子プロ野球は想像以上に楽しかったっす。

ひ・・・1人で行ったけど、寂しくなんかないもん(笑)。

女子プロ野球開幕戦

2018年シーズンはプロ野球の開幕より前の3月21日(水)にナゴヤドームでスタート。
今年から愛知に本拠地を移した愛知ディオーネVS埼玉アストライアの開幕戦。
想像以上に観客も多くてビックリしました。

一部特別席があるものの基本的に自由席でしたぁー。
こういうとこも初めてなのでよく分からないです(笑)。

東邦高校吹奏楽部が盛り上げる

一塁側の愛知ディオーネスタンドでは、東邦高校吹奏楽部の生徒さんが熱烈応援で盛り上げてくれてました。
応援ってどんな感じなのかなぁ?って思ってたら高校野球みたいでスッゴイ楽しかったです。
最初は周りのファンの方々も戸惑ってたけど、楽しそうに演奏する吹奏楽部と一体になって盛り上がってました。
今の吹奏楽の応援ってマーチングバンド的な要素も強めになってきてるみたいで見てるだけでも楽しいですね!

東邦高校の皆さん、盛り上げてくれてありがとうー!

女子プロ野球選手の肩の良さが想像以上

えっとぉー。
正直言いますね。
僕も高校球児でバリバリやってましたので、女子プロ野球ってナメてた部分があります。
でも、スタンドから見た女子選手たちの肩の強さは想像以上でした。
今の僕ではまったく勝負にならないくらい肩がいいですわぁ。
気持ち良さそうにビュッっと投げてました。
守備の基本もシッカリできてるし、マジでレベル高いです。

投手の速球はどれくらいのスピードなの?

個人的にはコレが一番気になってました(笑)
自分もマスターズ甲子園愛知予選に向けて硬式野球を真剣にやってたんで、打てそうなレベルなのか?
それとも全く手が出ないくらい速いんだろうかって。
1試合見てましたが最速で120キロいかないくらいの感じでした。
速くて118キロとか、110〜119キロくらいの速球と100キロ前後の変化球が主体です。
直球とカーブだけじゃなくスライダーとか微妙な変化もあるでしょうがそんな感じ。

自分の高校時代のMAXはきちんと測ったことないけど、120キロくらいだったと思いますので同じくらいね。
今でこそ高校球児も140キロ当たり前で150キロとか投げる投手がいますが、僕らの時代は130キロのストレートでバンバン三振が取れる時代でした。
きっと強豪校ではない高校と試合したら普通に勝っちゃうくらいのレベルですね。
僕も対戦しても打てるくらいだなって強がらせていただきます!!!(笑)

試合結果と勝負を分けたシーン

試合結果は愛知ディオーネが9対0で埼玉アストライアに勝利。
でも、実力派そこまで差がなかったと思います。
勝負を分けたシーンとしては、1回表の攻防だと思います。
開幕の緊張からか先頭打者をフォアボールで歩かせてしまい味方のフィルダースチョイスなどを挟み・・・
まさかのノーアウト満塁で打者は埼玉アストライア4番の川端友紀選手。
完全に浮き足立っていたエースの里綾実投手。。。
これは大量失点の予感漂う中、まさかのピーゴロでホームゲッツー!

この後も死球でツーアウト満塁にしてしまいましたが、なんとか無失点で守りきりました。
ここで点が入っていたら逆の展開も十分考えられる場面でした。
シーズン開幕戦でしかも初回のビッグチャンス。
ここは本当に大事な場面でしたからねぇー。

余談ですが、今は「デッドボール」ではなく「ヒット・バイ・ピッチ」って言うんでっせ。

始球式は神スイングの稲村亜美VS徳川家康公

2人の登場でビックリしたのが始球式。
神スイングで有名になった稲村亜美さんとおもてなし武将隊の徳川家康公。
なんか変化球っぽかったけど、ワンバウンドしてました(笑)

なんだかんだでとっても楽しんじゃいましたぁー!!!
また地元で試合がある時には足を運んでみようと思います。
あ・・・今度は誰か一緒に行ってぇーーー(笑)
それでは、またっ!





野球カテゴリの最新記事