スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

最近の野球グッズで気になる『アルモニーア』。人体の構造を考えた独自のモノづくりが面白い。

最近の野球グッズで気になる『アルモニーア』。人体の構造を考えた独自のモノづくりが面白い。

こんにちはー。
最近は暇を見つけては野球用品店巡りをして楽しんでるじょびスポです。

お盆休み中も気になってた岡崎市のスポーツショップコンドーさんに行ってみましたー。
大きなスポーツショップではなく、小さめのお店なのにオリジナルグラブやオリジナルスパイクが大人気なお店。

野球にずっと携わってる店長の人柄が繁盛店の秘密でしたぁー。
いろんなお話を聞かせてもらって、とっても楽しかったのと気になってたアイテムを偶然発見できて収穫でした。
量販店には置いていないグッズがたくさんあって面白いっす。
ある意味、僕の理想のお店だなぁー。

野球専門店【スポーツショップコンドー】←HPに飛べます

アルモニーアシリーズ

最近、僕が気になっているのが『アルモニーア』というコトバ。
アルモニーア(armonia)とは、スペイン語で「調和」や「融和」を意味するコトバであり、
野球ブランドのIp Select(アイピーセレクト)のコンセプトシリーズなのですが、人体の構造や動き方を元にした商品開発をされており、あまりの独自性に興味をそそられるんです!

Ip Selectアドバイザー矢田修一氏監修のもと、2017年の新たなアイテムをアルモニーアシリーズとしてバッティンググローブとバットを発売。接骨院を営み、学術団体キネティックフォーラムの代表も務める矢田氏は、まさに身体の仕組みを知り尽くした「身体のプロ」。バットと打者の体幹のつながりを安定させるよう設計された新アイテム「アルモニーアシリーズ」の誕生です。
引用元 Ip Select公式サイトより

一周回ってしまった僕のような野球グッズマニアにはたまらんのです(笑)。

YoutubeのトクサンTVで紹介されていた翌日に本物を目の前で見ることができてビックリしてテンション上がっちゃいました。

Ip Selectアルモニーア投手用グラブ

オリックス・バファローズの山本由伸投手も使用しているアイピーセレクトの投手用グラブ。
中指の構造が違うとトクサンTVで紹介されてました。

何が今までのグラブと違うのか・・・
それは、通常グラブから指を出す際には人差し指を出すのが当たり前にもかかわらず、アルモニーア投手用グラブは中指を外に出します。
今までに中指を外に出している人に出会ったことなんて僕は一度もありません!!!
常識を覆してくる商品づくりがマニア心をくすぐります(笑)。

アルモニーアシリーズの考え方として、『人間の腕は中指を中心に回る』という人体構造に基づく考え方があり、中指を外に出してグラブでタメを作ることで体幹を安定させることで投球能力の向上を図るんだそうです。

思わずお店でハメさてもらったのですが・・・・
正直・・・気持ち悪いっす(笑)
今まで使ったことのない初めての感覚でしたが、左手を投球動作でグッとタメを作ると安定するんですよね。
しかし中指を外に出すことで、ボールを取りにくいんじゃないか?との疑問をぶつけてみると。

ピッチャーはキャッチャーの返球さえ取れればOK。
それよりもピッチャーの一番大事な投球時の安定に特化したグラブ。

コンドーさんがそんな風に答えてくれました。
確かに割り切って考えたらそんなもんですよねー。
お店で見かけたらぜひ手にハメさせてもらってみてくださいませぇー。
アイピーセレクトのグラブって考え方が独自で凄く面白いグラブですね。
 

アルモニーア・バッティンググローブ

もう一つ気になるアイテムが、アイピーセレクトのバッティンググローブ(バッ手)。
これまた今までの常識を覆すような仕上がりです(笑)。
手首のベルトが・・・3本あるんです!!!
普通のバッテはみんな1本なんですが、2本ではなく、3本できましたよぉ!

これも手首と体幹をつなぐという考え方をしたアルモニーアモデルならでは。
個人的には手首を柔らかく使いたいので、あまりロックされたくないから・・・って思うんですが、気になるアイテム。
紹介ムービーを見てしまったら、もう気になって仕方がないんです。

矢田さんが気になって仕方がないっす。
手首のロックだけでなく中指の部分から伸びるエナメルのラインも気になるわぁー。
今度、見つけたら試させてもらおうっと。

野球用品の進化もハンパないっすねぇーーー。
人の身体の構造ってとっても不思議で奥深いですねぇーーー。
これからもこういうアイテムを見つけて試して紹介したいなって思いますんでお楽しみに!
 

野球カテゴリの最新記事

PAGE TOP