スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

現状分析は必要だが、悲観する必要なんてない!その差をどう埋めるかが大事。

現状分析は必要だが、悲観する必要なんてない!その差をどう埋めるかが大事。

こんにちはー。
週末に少年野球チームの公式戦があったんですが、まさかの大敗。。。
うぅーーん。
いろいろ考えさせられるわぁーー。
選手たちは頑張ってるんだけどなぁ。
僕ら監督・コーチ陣も考えなきゃってのも痛感したとこっす。

現状分析は必要だが悲観する必要なんてない!

今回の試合を振り返ろうと思ったんだけど、あまりに良いところがなくて・・・(笑)
コーチとして凄く責任を感じちゃった部分もあります。
基本的な動きなどの指導はしているけど、実践的な練習が全然足りてないなぁ。
チームとしての熟成度の問題もあるけど、まだまだやれたことがあったはず。

言い方が悪いかもですが、『練習のための練習』になってしまってたなぁ。
『試合のための練習』にできていなかったなと反省。
試合を想定した練習が圧倒的に足りてないわぁ。
試合に勝つためにいかに点を取るか?いかに点を取られないようにするか?
ココが僕も足りなかったなぁ。

反省点は多々ありますが・・・反省だけなら猿でもできる!

普段からずっと思ってることなんですが、現状を分析するとついつい悲観してしまう人が多いみたい。
悲観する必要なんてなくて、こうなりたいという差をいかに埋めるのか?を考えるとこまでいかなきゃって思うんです。
言葉を変えると、『悲観してる暇なんてない!』ってこと。
次に戦う時には絶対勝ちたい!って思うんだったら、じゃあこの差を埋めるためにどうする?って考えて行動しなくては絶対に差は埋まらない。
だから悲観なんてしてる時間はもったいないって思うんです。
その先を考えるために時間を使おうよ。
そんな風に思うんです。
野球に限った話じゃないし、スポーツだけでなく仕事だって同じだと僕は思うんですよね。

今の自分たちの現在地がココなだけ

今回、完全に力負けをしてしまった訳ですが、強がりでもなんでもなくて「今の自分たちの現在地がココなだけ」って思うんです。
彼らの成長の伸び代がまだまだあるって思ってるし、現在地から目的地までどう進むべきかを考えればOK。
大切なのは、実際に戦っている選手たちがどう感じてるかってこと。
負けたくない!強くなりたい!って気持ちがあれば練習への取り組み方が変わってくるはず。
日々の生活が、行動が変わってくるはずなんです。
逆にその気持ちがなければ僕らが何をやったって成長のスピードは早まらないと思うんです。
選手も監督・コーチ陣も同じ気持ちになって突き進んだら加速度的に成長していくと思うんです。

悔しいっていう負けず嫌いな心がドンドン出てきて欲しいなぁー。
僕なんて自分がプレーする訳じゃないのにハイパー負けず嫌いなんで、今思い出しても悔しくて仕方がない。
僕が素振りしたって勝てる訳じゃないんだけど、帰宅後に悔しくて思わず素振りしまくっちゃったくらいです(笑)。

負けず嫌いが人を成長させるって僕は思ってるんで、そういう部分をドンドン出してきて欲しいし、そういう気持ちが入った子たちと共に戦いたいっす。
いくらでも練習は付き合うし、練習メニューにも実戦形式な部分を増やしてもらうようにお願いもしてみる。
行動を起こして次に繋げようぜぇーーー!!!
いやぁーーー。マジで悔しいわぁーーー。
次に戦うことがあったら絶対勝つぞぉ!!!

それでは、またっ!


野球カテゴリの最新記事