スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

フルスイングが代名詞のオリックス・吉田正尚!ヘルニア手術からの復活のシーズンでベストナイン受賞。

フルスイングが代名詞のオリックス・吉田正尚!ヘルニア手術からの復活のシーズンでベストナイン受賞。

こんにちはー。
野球バカのじょびスポです。
少年野球コーチをしながら、なかなか気持ちのいいフルスイングをする子がいないなぁーって感じちゃいます。
当たらなくてもいいから思い切りフルスイングをするような気持ちのいい子を見てみたいーー!
小さくまとまることなく、思いっきり振ってこーぜぇーーー!!!
という気持ちで、この選手のことを書いちゃいます。

フルスイングが代名詞の吉田正尚

今のプロ野球選手の中でも、一番気持ちのいいフルスイングをする選手といえば、この選手をあげる人も多いんじゃないでしょうか?
プロ入りから3年目にして、ついにシーズンフル出場を果たしたオリックス・バファローズの吉田正尚選手。
今シーズンは打率.321 26本塁打 86打点を残し、3部門でチームトップの成績を残してベストナイン賞にも選ばれました!

画像引用元 オリックス・バファローズHPより

吉田正尚(よしだまさたか)
1993年7月15日生まれの25歳
福井県福井市出身
身長173センチ 体重85キロ

プロ野球選手としては小柄な173センチですが、ホームランの飛距離は凄まじいものがあります。
身体を目一杯使ったフルスイングは見ていて気持ちいいです!!!
投手としてはめちゃめちゃ気持ち悪いでしょうけどね(笑)。
当たったらホームランになりそうで、怖いーーー。
ということで、フルスイングからのホームラン動画をご覧くださいませ。

ハンパないフルスイングと規格外のアーチっす。

ヘルニア手術からの復活のシーズン

プロ入り直後から悩まされた腰痛。
1年目のシーズンは63試合、2年目のシーズンも64試合の出場にとどまったのは、いずれも腰痛が原因。
2017年シーズン終了後に腰痛の原因でもあったヘルニア手術に踏み切って迎えた2018年シーズンでは遂に143試合全試合出場。
途中、怪我によって途中交代したり代打出場もありましたが、シーズンを通して活躍した初めての年になりました。
腰痛を緩和するためにフォロースルーで左手を離すように変えたりと工夫をしてきたけど、遂にメスを入れた影響を心配していましたが、素晴らしい活躍を見せてくれて一安心。
今後の長い活躍を期待したいし、応援したい選手の1人です。

少年野球の子たちには吉田正尚選手を見習ってフルスイングして欲しいなぁーー。
フルスイングできるからこそ、技ありの一打も打てるってもんです。
最後に豪快打だけでなく、技ありのヒットも打てる吉田選手の動画で締めたいと思います。

ホレボレするスイングだなぁーーー。
それでは、またっ!
 


野球カテゴリの最新記事