スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

練習中のケガ予防のために走塁用手袋としてお揃いの軍手を渡したらめっちゃやる気出た!

練習中のケガ予防のために走塁用手袋としてお揃いの軍手を渡したらめっちゃやる気出た!

こんにちはー。
GW中も少年野球コーチ三昧だった僕です。
天気がいいなぁーって見上げたら幻想的な風景を発見!

太陽の周りに虹がクルッと一周円形になったような虹色現象を発見。
なんか面白い天気でしたねぇー。

走塁用手袋代わりにワークマンの軍手

以前から走塁練習の時に気になってたのが手の平のケガ。
特に牽制時のリードからヘッドスライディングで戻る時。
スライディングが下手くそと言ってしまえばそれまでですが、手を早くついてしまったり滑る時に手の平が砂で擦れちゃうんですよね。
擦りむいたりってのもありますが、帰塁の際にはこのヘッドスライディングは欠かせません。
なんとかできないかなぁ・・・って考えてた時に走塁用手袋のことを思い出しました。
 

上の写真のような走塁用手袋・スライディンググローブっていうのがあります。
僕がバリバリ現役でやってた頃はバッティング用手袋もほぼ使ってる人がいないくらいの時代ですから、カルチャーショックを受けますけど(笑)。
滑り止めではなく、ケガ防止のためのもので摩擦に強いタイプの手袋。
凄くいいんですけど・・・高いんですよねー。

ということで、何か代替えになるものはないかとワークマンで軍手を購入して試してみました。


1個170円の軍手を人数分用意です。
普通の白色の軍手が超お値打ちなのでそれでいきたかったのですが、子供の手に合う小さいサイズがなくて断念。
伸縮性のある薄手タイプで手の平側に赤色の滑り止めがついたモノでやってみました。
使ってみた選手の子達からの評判も上々で一安心です。

走塁用手袋を使用したメリットは3つ

当初からの目的だったこと以外にもメリットを感じたのでオススメ的な感じでお知らせしておきます。
まだ使ってないチームの参考になって子供達のケガ防止になったらと思います。

走塁時のケガ防止

1つ目は1番の目的だったケガの防止です。
手袋をしていることで土のグランドで手をついて滑ってもケガのリスクが格段に減りました。
擦り傷などのケガもなく練習を終えることができました。
せっかくの楽しい野球なんでケガして痛かったら嫌になっちゃいますもんね。
当初の目的は達成できました!

選手たちのやる気アップ

2つ目が選手たちのやる気アップでした。
新しいグッズを手に入れたことでテンションが上がっていつもよりも楽しそうに取り組んでました。
ケガを恐れず思い切ったスライディングができたことで、レベルアップ感がありました。
やってみたら痛くないぞぉー!
そんな感じでやる気アップした結果、いい練習ができたと思います。

一体感があり強そうに見える

少年野球においてはこういう道具を揃えるのは各家庭任せって感じがほとんどだと思います。
でも、監督とも相談した結果、バラバラで用意するのではなくてチームとしてお揃いで統一感を出そうということで揃えてみました。
色や形が揃っていることで離れて見ていると、なんだか強そうに見えたんです。
強豪チームっぽいって感じ。
各家庭で任せて選手たちの好みでバラバラになると一体感って出せません。
また、最初にこうやって揃えておくことで基準ができるので次からも迷わず準備ができるのもありがたいんじゃないかと思ってます。
ワークマンに行けば170円で買えますからね。

まとめ

今回購入した手袋が一番良いかはまだ使い始めたところなので分かりません。
でも、使用感は上々ですししばらくコレでやっていこくと思います。
以前、練習試合で対戦した強豪チームもカラフルな軍手を使用してて走塁が上手かった印象があるので、あんなチームみたいになってくれたら最高です!
そんな希望も込めて、用意してみましたぁー。

問題点としては、子供達の成長に差があるため手の大きさが違ってピッタリのサイズの子もいれば、少し大きいという子もいました。
もともと野球用のグッズではないので、細かなサイズなんかはないのでそこはちょっと悩むとこっすね。

子供達のケガ防止のためにも走塁用手袋の使用は個人的にはオススメです。
参考になったら嬉しいです。

それでは、またっ!

野球カテゴリの最新記事