スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

サニブラウンに勝った日本一足の速い中学生だったドラフト候補が周東よりも速い!【五十幡亮汰】

サニブラウンに勝った日本一足の速い中学生だったドラフト候補が周東よりも速い!【五十幡亮汰】

こんにちはー。
足の速い人ってカッコいいですよねぇー。
凄い羨ましくて憧れます。
野球だけじゃなくいろんなスポーツでも足が速い方が基本的には有利ですよね。

周東選手よりも速いと噂の2020ドラフト候補【五十幡 亮汰】

侍ジャパンで俊足で活躍したソフトバンクホークスの周東選手。
周東選手を見ていると足の速さは武器だなって感じますよね。
そんな周東選手よりも速い驚異の足を持つ選手が2020ドラフト候補を発見。

画像引用元 中大スポーツWebより

五十幡 亮汰(いそばた りょうた)
1998年11月27日生まれ
身長172センチ 体重64キロ
引用元 中央大学硬式野球部より

栃木県の佐野日大学園高校出身(佐野日大)出身で現在中央大学3年生の五十幡選手。
ウリは何と言ってもその足の速さ。
尋常じゃないほど速くてビックリですよ!
打力が課題だったそうですが、3年生になり長打力も出てきたようです。
尋常じゃない足の速さを動画でご覧ください。

右中間への長打で一塁から一気に本塁生還する時のスピードは異常ですよね!
もう一本ご紹介しちゃいます。

最後のサードゴロがヤバイっす。
二塁へ送球しようとした三塁手ですが、一塁は普通にアウトになるプレーだと思うんですが・・・(笑)
異次元の速さっすね。

サニブラウンに勝った男・中学日本一の俊足

実は、この五十幡選手に注目するようになったのは、TV番組『消えた天才』に出演していた動画を見つけたからなんです。
もしその番組を見たことがある人は『サニブラウンに勝った男』と言えば思い出すかも知れませんね。
100m日本記録保持者のサニブラウン・アブデル・ハキームに中学時代勝ってるんです。
全国中学校陸上競技選手権大会の100m、200mで優勝しています。
この時、サニブラウンは100mは3位、200mは2位でした。
そんな凄い選手だったのに忽然と陸上の世界からは消えたのです。
理由は幼き日の母との約束であったプロ野球選手の夢を叶えるために野球に専念したから。
中学時代も東京神宮リトルシニアでプレーしながら学校では陸上部に所属していたんだそうです。
中学時代の決勝レースをご覧ください。
1レーンが五十幡選手です。

スタートからの序盤ハンパなく速いっすね!!!
この時の記録が10秒92、この後に開催されたジュニアオリンピックでは10秒79を記録してるんですって!
信じられない中学生の速さです。
この速さが野球を続ける上で武器になってるんですね。
佐野日大高校時代の驚異的なプレーも発見。
一塁の横を強烈な当たりで抜けた打球はライトがライン側に移動しながら普通に捕球したのですが・・・
五十幡選手は一気に二塁を陥れる驚異の走塁を見せました。

これは反則級に速いっすね。
会場もどよめいてますね!

ということで、個人的に来年の2020ドラフトまで注目したいと思います。
頑張って夢を叶えて欲しいです!
それでは、またっ!
 

野球カテゴリの最新記事