スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

西武史上最強の怪力助っ人・推定飛距離180m弾も放った超特大HRが凄かった【アレックス・カブレラ】

西武史上最強の怪力助っ人・推定飛距離180m弾も放った超特大HRが凄かった【アレックス・カブレラ】

こんにちはー。
開幕を今か今かと待ち望むじょびスポです。
今日はレジェンド助っ人外国人について懐かしがりながら書きたいと思います。

西武史上最強の怪力助っ人【アレックス・カブレラ】

毎年各チームには助っ人外国人が多数在籍しています。
現在のルールでは一軍登録は4人までとなっています。
投手と野手を組み合わせて4人というルールなので、各チーム頭を悩ませながら選手登録をしています。
西武ライオンズにて大活躍したカブレラ選手のご紹介。

画像引用元 時事ドットコムより

アレックス・カブレラ(本名:アレキサンダー・アルベルト・カブレラ)
1971年12月24日生まれ
ベネズエラ・モナガス州カリピト出身
身長188センチ 体重98.4キロ

1991年5月にシカゴ・カブスとマイナー契約を結び1996年までメジャーリーグ傘下でプレーするも放出され、1997年98年は基本的にメキシコリーグでプレーする。
1999年は台湾リーグの和信ホエールズでプレーした。
2000年はアリゾナ・ダイヤモンドバックスにてA級・AA級・AAA級とステップアップする活躍を見せ、メジャーリーグデビューも飾るが失速し、シーズン終了後に西武ライオンズと契約。
西武ライオンズに所属してからは1年目から49本塁打と大活躍。
2002年には当時のNPBタイ記録であるシーズン55本塁打。
2003年も50本塁打を記録し、3年で150本塁打を超える大活躍を見せました。
2007年まで西武ライオンズの4番として活躍し、2008年シーズンからはオリックス・バファローズへと移籍し2010年まで所属。
2011年はソフトバンク・ホークスへと移籍し2シーズンを過ごすも活躍を見せることはできず退団。
2012年12月に母国ベネズエラのウィンターリーグにて本塁打を放ちユニフォームを脱ぎ現役引退を表明。
その後はベネズエラのウィンターリーグやメキシコリーグでもプレーしたそうです。

日本に来るまでなかなか力を発揮できなかったカブレラですが、西武ではその怪力を遺憾無く発揮し大活躍。
打った瞬間HRと分かるような凄い弾道のホームランを量産してファンにインパクトを与えましたよね。
打席に入る際の大きく背中を反るルーティンが強烈で真似した野球少年も多かったんじゃないでしょうか。
現役選手では中日の平田良介選手、日本ハムの中田翔選手も同じようなルーティンをしてます。
きっと大きな影響を受けたんでしょうね。
それでは、カブレラ選手の目の覚めるようなHR集をどうぞ!

滞空時間の長い特大ホームランが代名詞ですね!
凄いわぁー。

でも、もっと凄いのがホームランを量産しながらも規定打席に到達した7年で5度も打率3割超えてるってこと。
打率も残せるバットコントロールの巧みさも併せ持ってる最強助っ人だったんですね。

推定飛距離180m弾

カブレラのホームランの中でも最も凄かったのが西武ドームの天井に直撃した推定180mの超特大認定ホームラン。
2005年6月3日の横浜ベイスターズとの交流戦の中で三浦大輔投手から放った超特大ホームラン。
インコースへ投じられたストレートをフルスイングしてレフトスタンドへいったかと思った打球は・・・
レフトスタンド上部の屋根の鉄骨部分に直撃し跳ね返って左中間のグランドへ戻ってきてしまいました。
二塁打?と思われましたが審判の協議の結果、認定ホームランに。
推定飛距離180mは飛んだと言われる超特大HRが凄すぎます。

打球が直撃した左中間の鉄骨部分には記念のプレートが取り付けられているとのことなので、西武ドームに行った際には探してみてくださいね。

藤川球児との力と力のオールストレート対決

怪力カブレラに力と力の勝負を挑んだ男・藤川球児との対決のことも忘れてはいけません。
2006年7月21日に神宮球場で開催されたオールスターゲームでの伝説の名勝負。
打席には怪力カブレラ、そしてマウンドには火の玉ストレートの藤川球児
オールスターならではの力と力の対決を挑む藤川球児はマウンドからカブレラに笑顔でストレート投げるよとアピール。
オールストレート勝負を挑む藤川球児にカブレラもホームラン狙いのフルスイングで応えます!

全球150キロ超えのストレートで最後は153キロの火の玉ストレートで空振り三振!!!!
凄い勝負でしたねぇーーーー!!!
その後の小笠原も全球ストレートとフルスイングで力対力の気持ちのいい対決。
これぞプロ野球!という熱い戦いでしたね。

っということで、今日は西武史上最強助っ人カブレラについて書いてみました。
今見ても凄いホームランばかりの凄い選手でしたね。
またこんな力対力の熱い試合が早く見たいですね!
それでは、またっ!
 



野球カテゴリの最新記事