スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ
NBAのマスコットと闘い続けるビッグマンが可愛らしい【ロビン・ロペス】

こんにちはー。
今日は今シーズンから注目したいなって思った可愛らしくて面白い選手のご紹介。
正直、今まで注目したことがなかったのですが、ちょっと変わった部分で人気の選手です。

汚れ役もこなす野人【ロビン・ロペス】

長身でモジャモジャヒゲにボサボサヘアーというワイルドな見た目から野人と呼ばれるロビン・ロペス。
2019年シーズンからミルウォーキー・バックスに所属する長身センターです。

画像引用元 NBA日本公式サイトより

ロビン・ロペス
1988年4月1日生まれ
アメリカ・カリフォルニア州ノースハリウッド出身
身長213センチ 体重127.5キロ

野球でキューバ代表であった父と水泳のアメリカ代表候補となったこともある母の間に生まれ、祖父がバスケットボール選手だったことからバスケットボールを始める。
後からも話しますが、実は兄のブルック・ロペスと双子なんです。
高校卒業後はスタンフォード大学に兄弟で進学し双子のビッグマンとして注目を集めて活躍。
2シーズンのプレイした後に兄弟揃って2008年のNBAドラフトにアーリーエントリー。
兄ブルックはニュージャージー・ネッツから全体10位指名を受け、弟ロビンはフェニックス・サンズから全体15位指名を受ける。
一卵性双生児が同じ年に共にドラフト1巡目指名された初めてのケースとして注目されました。

フェニックス・サンズ→ニューオーリンズ・ホーネッツ→ポートランド・トレイルブレイザーズ→ニューヨーク・ニックス→シカゴ・ブルズと渡り歩き2019年シーズンからミルウォーキー・バックスと契約。
長身センターとしてゴール下のディフェンス、ブロックショット、リバウンドとオフェンスではなく地味な汚れ役としてプレイする選手。
ということで、ロビン・ロペス選手のプレーをどうぞ。

動画を検索していたら結構乱闘みたいなことも多いみたい(笑)。
それくらい激しいポジション取りで相手選手とやりあってるってことですね。

マスコットとの闘い

NBAチームにはそれぞれ個性豊かなマスコットがいます。
日本のマスコットよりも結構出しゃばってくるイメージ(笑)。
ハーフタイムなどでファンを盛り上げてくれる大切な存在で可愛らしいのからふてぶてしいのまでイロイロいます。
そんなマスコットたちと闘い続ける男がロビン・ロペス!

2013年頃からマスコットたちと闘い続けているようで、今では恒例となっているようです。
マスコットたちがちょっかいをかけてきて、怒ったロビンに倒される感じ(笑)。
見ていて微笑ましいし笑えるんですが、アメリカンジョークが結構キツめだなって思うこともあります。
ってことで、ロビンとマスコットとの闘いがまとめられた動画をどうぞ。

なんかホッコリしますよね。
最後にロビン・ロペスがインタビューで語ったマスコットが嫌いな理由も笑えました。

ツンデレかっ!(笑)
なんかロビン・ロペスが可愛く思えてきちゃいましたので、試合以外のとこでも注目です!

二組の兄弟が活躍するバックス

ロビン・ロペスが加入したミルウォーキー・バックスには2018年シーズンから兄のブルック・ロペスも移籍しており、NBA12シーズン目にして初のチームメイトになることに。
今までは敵チームとして兄弟でマッチアップしていましたが、バックスで初の兄弟タッグ結成!
ポジション被ってるんで、なかなか兄弟でプレーする機会は少ないかも知れませんが(笑)。

さらにバックスにはもう1組の兄弟が在籍しているんです。
チームのエース、ヤニス・アデトクンボと兄のタナシス・アデトクンボ。

画像引用元 Youtubeより

兄弟が二組も所属しているチームなんて聞いたことないですよね。
同時にこの4人が出場したら面白いけど、残りの一人はやりにくいでしょうね(笑)。

今シーズンのNBAがどうなっちゃうかは分かりませんが、ミルウォーキー・バックスも注目ですね!
ロペス兄弟は親日家としても有名でオフシーズンにはよく一緒に来日してるんですって。
なんか応援したくなっちゃう二人ですね!!!
それでは、またっ!
 


バスケットボールカテゴリの最新記事