スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

通算1000本安打を達成したスピードスター・西川遥輝の盗塁センスに高嶋監督も脱帽。

通算1000本安打を達成したスピードスター・西川遥輝の盗塁センスに高嶋監督も脱帽。

こんにちはー。
昨日、智弁和歌山の名将・高嶋仁監督のことを書いたのですが、今日は教え子の選手のことを。

通算1000本安打達成【西川遥輝】

2020年6月20日の埼玉西武ライオンズ戦にて北海道日本ハムファイターズの西川遥輝選手が通算1000本安打を達成しました。
2020年シーズンからチームのキャプテンも務めることになった男が記録も達成です。

北海道日本ハムファイターズも球団を挙げて祝福していました。
1000本安打の内、ホームで放った496安打を動画にまとめて公開していました。

本当にいい打者だなぁー。

西川遥輝(にしかわ はるき)
1992年4月16日生まれ
和歌山県紀の川市出身
身長181センチ 体重79キロ

野球人の父の影響で小学1年生から野球を始め、中学時代は公式野球チームの打田タイガースに所属し2年時に全国大会優勝も経験。
智弁和歌山高校に進学後は1年春から1番遊撃手に抜擢され春季大会で4本塁打と活躍。
甲子園大会には春夏合わせて4度出場し活躍をしました。
高校時代の西川遥輝選手と高嶋監督とのほのぼのとしたやりとりがなんだか良い雰囲気です。

智弁和歌山高校での活躍が認められ、2020年NPBドラフト会議にて北海道日本ハムファイターズから2位指名を受けプロ入り。
入団当初は内野手として試合にも出場していたのですが、2013年途中から外野手としての出場も増え、今では俊足を活かした守備範囲の広さが魅力の外野手となってます。
 

スピードスター

西川遥輝選手の魅力と言えば何と言っても足の速さ!
パ・リーグTVが計測した一塁到達までのタイムでは4秒を切れば俊足と言われる中、3秒17を記録するという驚異的なスピード。
特に盗塁のセンスもズバ抜けており、3度の盗塁王も獲得しています。

めちゃめちゃ速いですねぇー!

西川の盗塁センスについては、智弁和歌山高校時代の高嶋監督も大絶賛していました。

西川が高校に入ってきてから盗塁のサインは1回も出していません。
ところが遥輝は2球目とか3球目に走ったことがないんです。
必ず1球目に走るんです。
これは教えることが出来ません。
初めてのピッチャーですから、どんな牽制で来るのかクイックで投げるのか分からないじゃないですか?
西川に聞いたら『大体分かる』って言うんです。
そういう事って、僕は教える段階じゃないその上を行ってるんですよね。

高嶋監督にここまで言わせるなんて凄すぎるぅー。
確かに通算200盗塁達成した中で失敗はたったの31個。
歴代200盗塁達成者75人の中で最も高い.868という数字を残してることからも並外れた盗塁センスが証明されてますね。

インコース高目のボール球を『ファラ』

西川遥輝選手のことを語る上で個人的に面白かったのがティモンディの『ファラ』。
お笑い芸人ティモンディの二人は愛媛県の強豪校・済美高校出身で、高校時代に西川遥輝選手とも対戦しているんです。
っで、その時のエピソードがインコース高目のボール球を『ファラ』っと腰の回転の音が聞こえてホームランを打たれたんだそうです。
『ファラ・ゴッ・ガサッ』という凄いホームランだったんですってぇ。
動画の3:35〜が西川遥輝選手のことです。

高校時代から凄いバッターだったんですね!
プロでも打たれた投手には『ファラ』って音が聞こえてるのかも知れませんね。

2020シーズン終了後にポスティングシステムでのMLB挑戦を希望しているとも言われておりますが、今シーズンも素晴らしい成績で大活躍してくれることを楽しみにしてます。
それでは、またっ!



野球カテゴリの最新記事