スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

守備の名手・辻発彦さんを支えた久保田スラッガーのグラブへのコダワリポイント【辻トジ】

守備の名手・辻発彦さんを支えた久保田スラッガーのグラブへのコダワリポイント【辻トジ】

こんにちはー。
グラブ磨きをしていると無心になって心が落ち着くじょびスポです。
道具の手入れって凄く大事だと思うし、愛着が湧いてくるので好きなんですよね。
さて、今日は名手を支えたグラブについて書いていきます。

守備の名手・辻発彦さんを支えた久保田スラッガーのグラブ

昨日のブログで紹介した現・埼玉西武ライオンズ監督の辻発彦さん。
守備の名手として活躍した辻発彦さんのグラブについてです。
辻さんが使用していたグラブメーカーはどこだと思いますか?

画像引用元 BASEBALL SHOP GTKより

正解は久保田スラッガーさん。
内野手の名手が使用しているイメージで、内野手が使っていると巧く見えるメーカーさんです。
現役選手でパッと思いつくだけでも鳥谷敬選手、浅村栄斗選手、大和選手、中島卓也選手など数多くの選手が使用しています。
内野手の憧れのようなメーカーさんで、湯もみ型づけを流行らせたメーカーさんです。

土手紐も抜いて湯もみをすることで革が柔らかくなり、自由自在のグラブ捌きが可能になるそうです。
個人的には湯もみ型づけしたグラブを使用したことがないのでアレですけどね(笑)。

ヒンジ部分に3本の紐が通る辻トジ

辻さんのグラブには一般的なグラブとは違ったオリジナル仕様があります。
それが通称『辻トジ』と呼ばれる仕様です。
たまたまですが、僕が使用しているグラブも辻トジでした。
でも、湯もみもしてないし土手紐も抜いてないし、完全オリジナルな使い方をしちゃってます。
お店でなかなか自分の手にシックリくるグラブが見つからずたまたまピッタリきたのが久保田スラッガーのグラブだっただけなんですけどね。
元ソフトバンクホークスで活躍した本多雄一さんモデルのKSG-46HSEです。

この丸で囲まれたヒンジ部分に3本の紐が通っているのが辻トジと呼ばれる仕様。
ヒンジ部分に辻トジがあることで面が広く使えて当て捕りがしやすくなります。
一般的なグラブはここに紐は通ってません。
僕のATOMSのトレーニンググラブも辻トジはありません。

個人的に使用している感想としてはこの辻トジのおかげでグラブが硬く感じます。
柔らかいよりも硬めが好きだし、投手としても使用おり握りつぶす感じで使用しても潰れにくくて気に入ってます。
実際は内野手として当て捕りで使用している人の感想レポートが一番でしょうけど、型崩れもしにくくて硬めが好きな人にはいいかもです。
内野手で捕球面を広く使いタイプの選手にはオススメです。
何より辻トジっていうワードがカッコイイなって思っちゃってます。

久保田スラッガーのグラブで華麗なグラブ捌きを魅せるプレイヤーになってくださいね。
それでは、またっ!



野球カテゴリの最新記事