スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

クセが凄いポジショニングでセカンドの常識を覆す沖縄の守備職人【大城滉二】

クセが凄いポジショニングでセカンドの常識を覆す沖縄の守備職人【大城滉二】

こんにちはー。
日課のYoutube鑑賞で面白いプロ野球選手を見つけてしまいました。
選手自体は知ってましたが、そのポジショニングに度肝を抜かれました。

沖縄の守備職人【大城滉二】

まずは選手概要から。

画像引用元 パ・リーグTVより

大城滉二(おおしろ こうじ)
1993年6月14日生まれ
沖縄県島尻郡豊見城村(現・豊見城市)出身
身長175センチ 体重82キロ

小学1年生の時に長嶺ベースボールクラブで野球を始め、中学は軟式野球、高校は強豪・興南高校へ進学し1年秋からベンチ入り。
2年次には遊撃手のレギュラーとして甲子園での全国大会史上6校目の甲子園春夏連覇に貢献。
3年夏は予選準決勝で敗退して甲子園出場はできず、卒業後は東京六大学リーグの立教大学へ進学。
入学直後から遊撃手のレギュラーとして試合に出場し活躍した後、2015年NPBドラフト会議にてオリックス・バファローズより3巡目指名を受けてプロ入り。
プロ入り1年目より春季キャンプを一軍で帯同するも最終日の練習試合でミスを連発し即二軍落ちを経験。
しかし、その後4月に1軍に再度昇格し64試合に出場する。
2年目以降は1軍定着し出場数を伸ばしているのですが、本職の遊撃手以外にも二塁手、三塁手、外野手とマルチなポジションを守りチームを支えています。

まさにユーティリティープレイヤーです!

クセが凄いポジショニングで二塁手の常識を覆す男

今シーズンは二塁手として全試合出場している大城選手ですが、二塁手の常識を覆すポジショニングにビックリ。
普通に守備は巧いのですが、それ以上にそこに守ってるの?ってビックリしちゃうこと多数。
そこ外野じゃない?ってツッコミたくなるくらい。
まずは、このポジショニングからどうぞ。

打者のデータや特性を考慮したポジショニングなんでしょうが、これはビックリですね。
完全にセンター前ヒットだと思ったらセカンドベースの遥か後方でキャッチ!
これができるのも遊撃手出身で強肩だからこそですね。
打者によってポジショニングを変えていますが、基本的には深めのポジショニングが多いですね。
それではクセが凄いポジショニングからの好プレーをどうぞ。

外野フライも捕れちゃうくらい深いポジショニングですね。
守備でお金を取れる数少ない選手の一人ですわー。
これは凄い!

行けよハバチューバー!(凛々しき強者)

守備職人として活躍する大城選手ですが、応援歌がカッコイイ!
打率は2割前半のイメージですが、2019年シーズンは自己最高の打率.262を記録しました。
まずは、沖縄の雰囲気あふれる大城選手の応援歌から紹介しますね。
ハイヤーサーサー!!!

最後の『行けよ!ハバチューバー!(凛々しき強者)』ってとこに惹かれます。
沖縄独特の方言ってなんかいいなぁー。
それでは、大城選手のシュアなバッティングも最後にお届け。

右打ちが巧いなぁー。
足も速いし、素晴らしい選手だなぁー。
このクセの強いポジショニングとバッティングで活躍して欲しいです!
大城滉二選手に注目してみてくださいね。
それでは、またっ!



野球カテゴリの最新記事