スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

日本人唯一のNBA経験者『田臥勇太』は、バッシュを履くのに15分以上かけるほど足を大切にしている。

日本人唯一のNBA経験者『田臥勇太』は、バッシュを履くのに15分以上かけるほど足を大切にしている。

こんにちはー。
体力はお金で買う!をテーマに落ちていく体力に抗うためにギアを駆使するじょびスポです。

男子バスケットボールBリーグも20節を迎え終盤に向けて楽しみになってきましたー。
そんなBリーグを引っ張るトップ選手のご紹介。
僕と年齢も近いし、昔から応援している選手なんで思い入れもたっぷり込めちゃいます!

リンク栃木ブレックス・田臥勇太選手

バスケットボールが好きな人なら知らない人はいないと言っていいくらいの超有名選手。
37歳だけどバリバリ現役でチームを、そして日本代表チームを引っ張ってます。
現在はプロバスケットボールBリーグのリンク栃木ブレックスに所属しています。
昨シーズンはキャプテンとしてチームを引っ張り見事に優勝を果たしましたぁー!

画像引用元 バスケット・カウントより

身長173センチですが、パスセンスを活かしたアシストだけじゃなくカットインや3ポイントシュートで得点も重ねます。

バッシュを履くのに15分以上

知ってる人は知っていますが、普通は知らない情報をここで紹介します。
田臥選手はバスケットシューズを履くのに・・・15分以上かけます!!!
サクッと履いて、キュッキュっと紐を締めて完成って人がほとんどだと思いますが、田臥選手は足底を怪我した経験からケガの予防も兼ねて念入りに時間をかけます。
まずは足裏のストレッチから始めて、靴を履いてからも一箇所ずつ念入りに確認しつつ紐を締めていきます。
完全に足と一体化させるイメージなんでしょうねぇー。
バスケットボールプレーヤーとして大事な商売道具でもある足に対してのコダワリ。
この念入りな準備があの超人的なプレーを可能にしてるんでしょうねぇー。
それでは、以前放送されたTV番組の動画をご覧ください。
15:00〜あたりからバッシュを履きます。

https://www.youtube.com/watch?v=5x8bm8qrfh4

この撮影のためにおおげさにやってるんじゃないの?
そんなことありません!
実際にBリーグの試合前の田臥選手のバッシュを履くところを撮影してた動画も発見しました。

紐をシャカシャカと物凄いスピードで動かしてますねぇー。
周りに選手が集まってきても黙々とバッシュを履く作業に集中してますねぇー。
ここまで時間をかけろとは言いませんが、スポーツをする方はシューズ・スパイクを履くときは丁寧に時間をかけてみてはいかがでしょう?
僕も今度の練習ではいつも以上にスパイクとの密着具合を意識して時間かけてみます!


日本人で唯一のNBA経験者

田臥選手を語る上でNBAでプレーした経歴のことは欠かせません。

画像引用元 NBA JAPANより

わずか4試合でしたが、あの世界一のリーグNBAでプレーしたのって凄いことです。
今までも何人も挑戦してきましたが、田臥選手以外はまだあの舞台でプレーした選手はいません。
みんなが憧れるNBAのコートに立った経験が今も活きているでしょう。
田臥選手も高校卒業後にも何度も何度も挑戦してやっと掴んだNBA選手の座。
もっとプレーしてる姿を見たかったというのが本音です。
フェニックス・サンズ時代のプレーをどうぞ。

あの田臥選手でさえ、4試合の出場で解雇されてしまったNBAのレベルの高さってスゴイなぁ。

能代工業時代のプレーはまるでスラムダンク

秋田県の能代工業高校に入学して即スタメンの座を勝ち取った田臥選手は高校生時代には「夏の高校総体」「秋の国体」「冬のウィンターカップ」の9冠を勝ち取った伝説のプレーヤー。
高校1年生のウィンターカップで田臥選手を見た時にはぶったまげました。
背は小さいのに圧倒的な個人技でカットインをして相手のブロックをかわしてダブルクラッチでシュートを決めたり、トリッキーな動きで得点を量産。
味方へのパスもノールックだったりトリッキーな動きで一人だけ別格!
まるで人気マンガのスラムダンクの世界から一人抜け出してきたかのようなプレーでした。
日本人にもこんな選手が出てきたのかぁーーー。
NBAにデビューする日が来るんじゃないかと楽しみに見てました。
その当時の能代工業は圧倒的に強かったですもんねー。
そんな高校時代のプレー集を動画でご覧くださいませ。

今見てもスゴイなぁーーー。
いつパスが来るのか分からないから味方も気が抜けないですね(笑)

プロバスケットボールのBリーグも20節を超えて後半戦を迎えてきました。
現在東地区では最下位に甘んじてますが、他のチームの成績が良すぎるんですよね。
勝率5割ならば中地区・西地区だったら2位〜3位なんですもんね。
リーグ戦終了後のチャンピオンシップに出場するためには、今の勝率では厳しいのでこれからの巻き返しに期待したいとこです。
頑張れブレックス!頑張れ田臥勇太選手!

僕は地元のシーホース三河が優勝してくれるのを願ってるんですけどね(笑)





バスケットボールカテゴリの最新記事