スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

ビコーズ・アイ・ラブ・ユーの大ヒット 【スティービー・B】のソングライティング曲「メモリー・オブ・ラビング・ユー」

ビコーズ・アイ・ラブ・ユーの大ヒット 【スティービー・B】のソングライティング曲「メモリー・オブ・ラビング・ユー」

こんにちは、60年代から80年代のロック好きのメローなロッカーです。

スティービー・B

1958年生まれで、マイアミ出身。
同じ年に、マイケル・ジャクソン、プリンス、マドンナ等がいますね。他に「カーズ(全英1位)」のゲイリー・ニューマン、「嵐が丘(こちらも全英1位)」のケイト・ブッシュ、すごいミュージシャンが勢ぞろいです。

ソロデビューする前の70年代から80年代前半位までは、【ナイト・フライト】の「ハワード・ジョンソン」と組んだ【 Love , Unity & Virtue 】(LUV)で、ボーカルを担当し、その後ソングライティング、それにプロデュースも手掛けました。86年に自己レーベルを設立するなど、どちらかと言えば、プロデューサーの道を歩みたかったのかなと感じます。

そして、1988年にアルバム「パーティー・ユア・ボディ」をインディーズからのリリースにもかかわらず、これがゴールドディズクの栄冠を獲得し、ニューヨーク発祥の「フリースタイル・ダンス・ミュージック」での活躍が始まりました。
(「フリースタイル」はザクっと「ラテンのエレキ版」という意味合いのジャンルと捉えていますが、「ラテン」って、アフリカ系やヨーロッパ系と系統立てたり、そうじゃ無いとしたり、その中にタンゴ、サンバ、レゲエ、マンボ、ボサノバ・・・と数え上げたら切がなく、結局、『ダンス好きが熱狂する「スティービー・B」が演る音楽』ということですかね。)
89年の2作目「イン・マイ・アイズ」は、プラチナディスクになります。絶好調な中で、ダンスミュージックからバラードへ少しずつ移って行きました。

1990年にリリースした「ラブ&エモーション」は、スティービー・Bを世界に知らしめた作品になりました。
代表曲の「ビコーズ・アイ・ラブ・ユー(副題:ザ・ポストマン・ソング)」が全米1位。友人の「ウォーレン・アレン・ブルックス」の作品です。このアルバムでブルックスは半分以上の曲を提供しています。
「スティービー・B」は、歌が特急品と言うわけでは無いと思いますが、曲を聴かせる完成度から、ソングライティングとプロデュースの総合力の才能が素晴らしいと思います。
それでは、ソングライティング曲の

メモリー・オブ・ラビング・ユー(memories of loving you)

「ビコーズ・アイ・ラブ・ユー」も、

音楽を盛り上げていきましょう。

                   

ヒーリングスピーカー PR-018【YU-ON】」
まるで音の空間に包まれるような感覚

バラードをギターで→30日でマスターするギター講座 教本&DVD
オーボエの音色を→【オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座】

楽器を探してるなら

ご覧いただき、ありがとうございました。

ラテンカテゴリの最新記事