スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

服装で気持ちが変わる。22年振りに母校のユニフォームに袖を通して身が引き締まります。

服装で気持ちが変わる。22年振りに母校のユニフォームに袖を通して身が引き締まります。

こんにちはー。
マスターズ甲子園大会出場を目指してトレーニング中のじょびスポです。

週末に母校のグランドで練習日でした。
3月10日の愛知県予選初戦に向けて段々と気持ちが高まってまいりました!

今回はオーバー35歳のアダルトチームのメンバーが圧倒的に多くてビックリ。
と言いながらもアダルトチーム内では若手扱いな40歳です!
僕らよりも年上の方々が溌剌とプレーしている姿にホッコリしまう。
ノックが始まる前なのにバッティング練習ですでにユニフォームが真っ黒な先輩もいました(笑)。
高校時代に気持ちがタイムスリップして、飛び込んじゃうんだろうなー。
きっと奥様にお小言を言われることでしょう(笑)。

22年振りに母校のユニフォームに袖を通す

練習終了後に予選会に向けてユニフォームと背番号の配布がありました。
僕らの時代は試合用のユニフォームは学校側から借りてる感じで私物じゃなかったんですよ。
コレってウチの高校だけだったのかな?
ということで、遂に母校のユニフォームをゲット!!!

浮かれて帰宅後に写真撮っちゃいました!

ユニフォームに袖を通すだけで、気持ちが引き締まります!
高校の看板を背負ってるんだ!っという気持ちになるんですよねぇー。
ジャージで野球をするのと気分が全然違うんです。
不思議だけど、ユニフォームにはそんな効果があるんですよ。

仕事でも、会社の名前入りの制服を着るとちょっと気分も変わるし、そう思える制服だったら最高ですね!

イメージと現実の違い

頭の中のイメージ通りに身体が動かせたらカッコイイんだけどんだけど、現実は違うんです。
紅白戦でヒットを打って意気揚々と2塁まで行ったんです。
打者がライト前にヒットを打ってくれたので、一気に本塁まで突入することに!
キャッチャーのタッチを避けて回り込んでスライディングしてセーフ!
本人のイメージ的には以前書いた鈴木尚広さんの神の手スライディングだったけど・・・
現実的には、スライディング失敗して膝を擦り剥いちゃいました(笑)。

鈴木尚広さんの記事はこちらから→神の手スライディングを可能にしたのは「柔軟な左足首と長く触るスライディング技術」【元読売巨人軍 鈴木尚広】

ケガには気をつけなきゃっすね。
3月10日から始まるマスターズ甲子園・愛知県予選に向けてトレーニングして臨みたいと思います。
さぁー、頑張るぞ!!!





野球カテゴリの最新記事