スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

夏場の野球少年たちに熱中症対策として準備をしておいて欲しいこと。

夏場の野球少年たちに熱中症対策として準備をしておいて欲しいこと。

こんにちはー。
週末少年野球コーチのじょびスポです。
先週末は一気に真夏日のような暑さになり、汗をかきすぎて若干熱中症気味でした。
そろそろ本格的に熱中症対策をして練習に臨まないと大人もヤバイっすねー。
特に前日飲みに行っちゃってたりなんかするとマジでヤバイっす。
僕も気をつけまーす。

ということで、今日は自分なりに熱中症対策で気をつけていることをベースに、野球少年たちに気をつけて欲しいことを書いておきます。

熱中症対策

野球は屋外スポーツですし、暑い中でプレーするため僕ら監督コーチ陣も注意しながら練習や試合を行いますが、グランド外・家庭でも気をつけて準備をして欲しいなって思います。
グランドの中と外で協力していきながら子供達を守っていけたらって思ってますので、協力お願いしますね。

僕自身が熱中症対策として行ってることを書き記しておきますんで、野球少年たちにも参考にしてもらえたらと思います。

前日シッカリと睡眠をとる

これが凄く大事です。
睡眠不足の時は熱中症になりがち。
ついつい夜更かししてしまって寝不足だと熱中症になる確率はかなりアップしますんで、ご注意を。
僕も飲みに行ってしまっても深夜にならないようにほどほどにしなきゃです(笑)
休み前になると子供達も夜更かししがちなんで協力お願いします!

朝食をちゃんと食べる

夜更かしからの寝坊で朝ごはんを抜いてしまうなんてことがないように注意です!
夕食後から朝起きるまで栄養分を摂取していない状態でエネルギーがないってことですから、朝食を食べなかったらエネルギー不足になるのは当たり前。
シッカリと朝食を食べて栄養を取って練習や試合に臨むことが大事です。
できれば味噌汁を飲むと塩分も摂取できるからなお良しです。
パンの場合は塩分を何かの形で摂取しておいて欲しいとこです。

練習前に塩分を補給しておく

これも結構大事です。
練習が始まったら汗をかいて塩分は身体の外に出ていってしまいます。
寝ている間も汗をかくので塩分が外に出ていってるので、ダブルパンチ状態になってしまいます。
だから、練習前に何かの形で熱中症予防のために塩分を補給しておくと良いでしょう。
僕の場合は、練習前にタブレットで塩分チャージです。
 

休憩時には水分と塩分補給をする

僕らの子供の頃は夏場の練習時にも水分を取ることは重要視されてませんでした。
むしろ水なんて飲むなって言われてた世代です(笑)。
しかし様々な研究等で今は水分を小まめに取ることが大切と言われており、水分補給の休憩は多めに取ってます。
休憩中には水分をがぶ飲みするのではなく、小まめに少しずつを飲んでおくことが大事です。
一気に飲みすぎると逆に身体が重く感じてしまうんで注意です。
その際にも水分だけでなく塩分も補給しておくことが大事です。
僕の場合はスポーツドリンクか、タブレットで補給してます。

熱中症になってしまったら・・・

どれだけ注意や準備をしていても熱中症になってしまう可能性はあります。
もし熱中症になってしまった場合には身体を冷やすとかその後の対応をシッカリと行うことが大切です。
無理をしてしまって危険な状態にならないように注意です。
少しでも体調が悪いなって感じたら、指導者へ「調子が悪いです」って言える環境作りも大切です。
無理は禁物だし、言い出しにくくて悪化してしまうって場合もあるんでチーム内の雰囲気作りも大事です。
指導者としても子供達に目を配って自分から声を掛けれるようにしていきたいとこですね。
もしなってしまった場合はこんな風に対応してくださいね。
以前書いたブログより→猛暑日に熱中症で少年野球チームの子たちがダウンした時にするべき応急処置。
 

この暑さも身体が慣れて順応してくれる前段階でも熱中症になりがちなんで、気をつけましょうね。
体調を崩すことなく楽しく野球ができるように僕自身も気をつけまーす。
それでは、またっ!


野球カテゴリの最新記事