スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

世界一背の高い民族【ディンカ族】出身の元NBA選手マヌート・ボルが異次元のデカさ。

世界一背の高い民族【ディンカ族】出身の元NBA選手マヌート・ボルが異次元のデカさ。

こんにちはー。
直接お会いすると「あ、意外と大きいんですね」と驚かれることが多いじょびスポです。
身長180センチあるのですが、顔や上半身だけのインカメ画像では大きさはなかなか伝わらないようです。

先日のマグジー・ボーグスの記事を書きながら思いついた記事です。
小さい人がいるなら大きい人ってどんなもんなの?って。
昨日の記事を読んでない方はこちらもどうぞ→NBA史上最も小さかった身長160センチの男【マグジー・ボーグス】

身長231センチのマヌート・ボル

ワシントン・ブレッツに所属していたマヌート・ボル。
マグジー・ボーグスの元チームメイトでもあり、その当時はNBA史上最も背の高い男と最も背の低い男が同じチームでプレーしていたんです。
気になる身長差が歴然とする写真をご覧ください。

画像引用元 Naverまとめより

デカーーーッ!!!チッサァーーーーッ!!!
その差71センチ!!!
残念ながら彼のプレーはあまり記憶になくって動画を見てみることに。

デカイけど細い!!!
デカイけど動きは意外と俊敏でビックリ。
手足が長くて胴が短いので、クモみたいー。

画像引用元 ロケットニュース24より

僕も子供の頃はそんな体型だったので姉貴からクモみたいって言われてことを思い出しちゃいました(笑)。


世界一背の高いディンカ族

身長231センチのボルはアフリカの南スーダン出身でディンカ族酋長の息子だそうです。
ディンカ族ってなんだ?って興味を持って調べたところ世界一背の高い民族なんだそうです。
ボルの父は203センチ、母は208センチ、祖父は240センチあったとも言われてます。
ボルの家族だけでなく、みんな背が大きく手足が長いのが特徴なんです。

写真家が撮影したディンカ族の美しい画像がたくさん見れます→Dinka

細身で長身、手足がとっても長くてみんなモデルみたいな体型ですね。

ディンカ族出身のモデル【アレック・ウェック】

モデルみたいな体型の人が多いディンカ族から実際にモデルになった方がいました。
スーダンでの内戦から逃れた亡命先のイギリスでスカウトをされたそうです。
ファッション雑誌の表紙を飾ったりするほど人気だそうです。
1977年生まれの身長180センチのスレンダーな女性ですねー。
って僕と同級生で同じ身長やんかぁー!

https://www.instagram.com/p/Bc2trvXl_5W/

あとがき

NBA史上最も背の高いプレイヤーのマヌート・ボルを調べていたらディンカ族に興味を持って深掘りしちゃいました。
興味津々でいろいろ調べてたらとっても面白かったっす。
世界一背の高い民族ってのがあるなんて知らなかったし、アレック・ウェックという同じ年のモデルさんがいることもビックリ。
なんでも興味を持ってみることって大切だなぁー。
マヌート・ボルっていう選手の名前を聞いたら、「あぁーディンカ族でしょ?」って返してみてくださいね(笑)
それでは、またっ!





バスケットボールカテゴリの最新記事