スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

プロ野球シーズン開幕直前・西武ライオンズのルーキー西川愛也のケガからの復活に期待。

プロ野球シーズン開幕直前・西武ライオンズのルーキー西川愛也のケガからの復活に期待。

こんにちはー。
いまだマスターズ甲子園ロスが長引いているじょびスポです。

そんな訳で野球ネタを書いていきます。
プロ野球シーズン開幕直前ですが、個人的にルーキーで一番期待している選手のことを書きます。

埼玉西武ライオンズ・西川愛也(まなや)選手

僕が注目しているのは花咲徳栄高校からドラフト2位で入団した、埼玉西武ライオンズ背番号51番の西川愛也選手です。

画像引用元 埼玉西武ライオンズオフィシャルサイトより

一般的には日本ハムの清宮幸太郎選手、千葉ロッテの安田尚憲選手、広島カープの中村奨成選手が注目されています。
この辺の選手ももちろん楽しみなんですが、僕は西川愛也選手にゾッコンです。

埼玉県の花咲徳栄高校の甲子園優勝メンバーで3番打者として大活躍した選手です。
埼玉大会では26打数13安打、4本塁打、18打点の大活躍を見せ、甲子園でも27打数9安打、10打点と初の全国制覇に大きく貢献しました。
しなやかなバッティングでバットコントロールの巧さが光ってましたぁー。
足も速くて一気に三塁を陥れるような果敢な走塁も素晴らしいーー!
甲子園での打席をまとめた動画を発見したのでご覧くださいませ。



めっちゃ打つけど、投げられない選手

走攻守の三拍子の揃った選手・・・と言いたいとこですが、ドラフト指名漏れも考えられるほど大きな問題がありました。
それは、高校二年生の春先に大胸筋断裂のケガをしてしまったこと。
胸から肩にかけてつながっている大胸筋を断裂してしまい、全力でボールが投げれない状態が続いていたこと。
2年生の6月から復帰したが、力を入れたスローイングはできない状態で夏の大会も終えた。
その後11月に患部を手術をしてリハビリを続けるが、3年生の夏の大会でもボールは短い距離しかなげられてませんでした。
試合でもレフトの打球にはショートが10mくらいの距離まで近づいて中継するという状態。

とにかくめちゃめちゃ打つけど、投げられない選手。

そんな状態の中、ドラフトで指名されるのかを注目していたら・・・
埼玉西武ライオンズが2位で指名をしたんです。
地元埼玉の花咲徳栄高校のスターってこともあって取ってくれたのかも知れませんが、嬉しかったなぁ。
(西川愛也選手は大阪府堺市出身で野球留学なんですけどね(笑))

気になる肩の具合は

順調に回復はしてきているようですが、まだまだ力を入れたキャッチボールはしてないようです。
守備練習時はノックは捕球までで一切ボールを投げないという徹底ぶり。
それでも、回復を待ち望んでいる方々がたくさんいるみたいでキャンプ中の動画を発見。

外野手ではなく内野手登録

高校時代はレフトを守っていましたが、プロでは内野手としての登録です。
元々は内野手をしていたということもありますが、この辺はチーム事情もありそうです。
秋山選手・金子選手・栗山選手などなど外野手にいい選手が揃ってるので内野手を育てたいかなぁ。
内野手だとセカンドも浅村選手がそのうちFAになる可能性もあるし、三塁での出番もあるかもな。
1年目から出てくることはちょっと難しいかも知れないけど、内野手としての適正もありそうだし楽しみっすね。

やっぱり投げれないなぁー。
早い復活に期待したいとこです。

打撃は順調に対応できている

プロに入ると最初に打撃の対応でつまずくことがあります。
日本ハムの清宮選手も手こずっているようですね。
西川選手はしっかりと対応して試合でもヒットを打ってます。
非凡なバッティングセンスを感じさせてくれますねぇー。
イースタンリーグの公式戦で初打席初安打を記録したそうです。

楽しみな選手ですねぇー。
打撃好調だったらパリーグなのでDHとしての1軍登場とかもあるかもですね!
これからの活躍が楽しみな西川愛也選手を注目してみてくださいませ。
じょびスポ一押しです!!!

それでは、またっ!





野球カテゴリの最新記事