スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ
スラムダンク沢北栄治のモデルと言われるマジックの長身PGペニー・ハーダウェイ。

こんにちはー。
やっぱりスラムダンクシリーズを書きたくなったじょびスポです。
スラムダンクが懐かしいというよりもモデルとなったと言われる選手たちが懐かしくて楽しいんです!
年齢的にスラムダンク世代だとNBAを見てた頃の選手がモデルになってるんですよねぇー。

過去のスラムダンク記事はこちらから→バスケットボールカテゴリー

山王工業の絶対的エース・沢北栄治

王者・山王工業は圧倒的な強さを誇った秋田県の能代工業です。
その山王工業のエースとして登場していたのが沢北栄治。

驚異的な身体能力と圧倒的な1on1のスキルを持ち、点取り屋として大活躍してました。
湘北高校との試合でも流川をオフェンスで圧倒してましたね。
アメリカを視野に入れており、2年生にして全国No1プレイヤーと言われてました。
 

オーランド・マジックのペニー・ハーダウェイ

オーランド・マジックにてシャキール・オニール(シャック)とコンビとして大活躍したペニー・ハーダウェイが沢北のモデルだと言われています。
圧倒的な1on1能力やプレイスタイルがよく似てます。
ポジションがペニーはPGで沢北がSGという違いはありますが、オフェンス能力の高さはペニーそのもの。

画像引用元 Naverまとめより

Anfernee Deon Hardaway(アンファニー・ハーダウェイ)
愛称 ペニー
1971年7月18日生まれ
身長 201cm 体重99.8kg

オーランド・マジックでキャリアスタート後、フェニックス・サンズ、ニューヨーク・ニックス、マイアミ・ヒートでプレイしました。
アトランタオリンピックにもアメリカ代表で出場して金メダルを獲得しています。
スレンダーな体型で全身バネのような躍動感あるプレイが好きでしたー!
強気にガンガン中にカットインしてダンクシュートを決めるかと思いきやミドルレンジからのフェイダウェイシュートも凄くキレイでした。
キャリアの数字としてはケガがあったりで素晴らしい成績とは言えないかも知れないけど、ルーキーイヤーからシャックとのコンビで敵を圧倒してた印象深い選手です。
あの頃はマジで衝撃的なオフェンス能力で見てて楽しいプレイヤーでした!
ってことで、プレー集をどうぞ。

今見てもデカイのに速い選手で凄くカッコイイですね。
シャックもペニーがいなかったらあそこまで活躍できてなかったかも知れませんね。

それでは、またっ!


バスケットボールカテゴリの最新記事