スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

1ヶ月で1億1000万円稼いだゴルフ界のシンデレラボーイ『時松隆光』の強さはベースボールグリップとパッティング。

1ヶ月で1億1000万円稼いだゴルフ界のシンデレラボーイ『時松隆光』の強さはベースボールグリップとパッティング。

こんにちはー。
ジャンクスポーツを見てから気になって仕方がないゴルフ選手がいます。
時松隆光(ときまつりゅうこう)プロ。
独特の見た目でインパクトがあって話し方もなんか可愛げがあって憎めないんです。
ジャンクスポーツでは浜ちゃんが大ハマりしてました(笑)。

画像引用元 Yahooニュースより

『源ちゃん』こと時松隆光

あまりに気になってしまったので、時松プロのことを調べまくってみました。
まずビックリしたのは、時松隆光(りゅうこう)は登録名で、本名は時松源蔵(げんぞう)!!!
小さい頃から知っている石川遼くんたちは源ちゃんって呼んでるそうです。
なぜ隆光ってつけたんでしょうね?(笑)

1993年9月7日生まれの24歳
身長168センチ 体重75キロ
福岡県筑紫郡那珂川町出身

1ヶ月で1億1千万円稼いだシンデレラボーイ

時松プロは2012年にプロ転向以来なかなかツアー優勝することができなかったそうです。
レギュラーツアーでは4年間でトップ10入りはたったの1回・・・
全然稼げないプロだったそうです。

そんな時松プロの生活が一変したのは2016年7月のこと。
僅か1ヶ月間で3勝して1億円超えしました!

まずは7月1日にチャレンジツアーで初優勝をした時松プロ。

シンデレラストーリーはここから始まったんです。
チャレンジツアー優勝から3週間後に福島県で開催されたレギュラーツアー「ダンロップ・スリクソン 福島オープン」。
7月21日に勢いそのままにレギュラーツアーでもプロ5年目にして初優勝!

しかもスコアは大会新記録の−25!!!
源ちゃんスゲェーーー!

さらにその優勝が認められ出場権を獲得した2016年7月29日の『ネスレインビテーショナル日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯』にて優勝候補を撃破しまくって優勝。
優勝賞金1億円を掴んだんです。
1ヶ月で3勝して、180万円→1000万円→1億円・・・合計1億1180万円を稼いだシンデレラボーイとなったのです。

その後2017年にも1勝し、2018年も5月に1勝して活躍中です。
僕もこれから源ちゃんこと時松プロは応援していきます。
なんだか源ちゃんが可愛くて、浜ちゃんと同じくハマっちゃいました!
 

数少ないベースボールグリップのプレイヤー

時松プロはどんなプレースタイルなのかと調べていたら、面白い動画を発見しました。
時松プロは現在のゴルフプレイヤーでは珍しいベースボールグリップでプレーする選手なんです。
一般的なゴルフプレイヤーは左手と右手を組み合わせてクラブを握ります。
親指もゴルフクラブに沿って立てて握ります。
ベースボールグリップは野球選手がバットを握るのと同じように握りこんでクラブを持つ握り方です。

ベースボールグリップのメリット・デメリット

メリットは左手の親指を痛めないことと力強く振ることができること。
重いバットを振るのには一番力の入るように両手で普通に握るのと同じで力強く振れます!

デメリットは方向性が悪くなることと言われてます。
手首が自由に動いてしまうから方向性が悪くなっちゃうんでしょうか?
ゴルフはあまりやってないので、実際どうなんでしょうね?(笑)

遊び感覚で覚えこんだパッティング

時松プロには幼少期からお世話になっている篠塚武久という師匠がいらっしゃいます。
この篠塚さんの指導がとっても面白いんです。
飽きてしまいやすい子供たちも楽しみながら練習できるようにとオリジナルの練習道具を開発しちゃってます。
パッティングの理屈を教えるために作ったグッズで遊びながら時松プロも練習していたそうです。

フェースの向きと強さが一致したら入る。
100回やっても、同じように必ず100回入る。
遊び感覚で覚えてったそうです。
また集中力を鍛える遊び感覚のオリジナルパター練習道具も紹介されてました。
パターの先っぽが鉄の球体でした(笑)。
ゴルフボールと鉄の球体は芯で当たらないと真っ直ぐ飛ばないから、集中して練習できるみたいですね。
なるほどー。遊びながら覚えていくんですねぇー。

4歳で心臓病の手術をし、身体を強くするために始めたゴルフ。
そのゴルフで一気にブレイクして活躍中の源ちゃんこと時松プロ。
気になっちゃった方はこの動画を見て、一緒に源ちゃんを応援しましょうーーー。

それでは、またっ!



ゴルフカテゴリの最新記事