スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

球界屈指のショート源田壮亮の原点はトヨタ自動車で乗田コーチと技術を磨き上げたテニスボールノック!

球界屈指のショート源田壮亮の原点はトヨタ自動車で乗田コーチと技術を磨き上げたテニスボールノック!

こんにちはー。

今まで見てきたプロ野球選手の中でショートと言えば、元千葉ロッテマリーンズの小坂誠さん!
と答えていたのですが、そこに割って入るような選手が出てきました。
今日はその選手のことを書いていきます。

小坂誠選手のことを書いた過去記事はこちらから→今まで見た選手の中で一番守備が上手かったのは『平成の牛若丸』『小坂ゾーン』と呼ばれた千葉ロッテマリーンズ・小坂誠

日本一の守備範囲と言われる埼玉西武ライオンズ【源田壮亮】

昨シーズン埼玉西武ライオンズに彗星の如く現れたニューヒーロー、新人王の源田壮亮。
ルーキーイヤーを圧倒的な守備力を武器に開幕スタメンを勝ち取り、フルイニング出場を達成しました。
なかなかこういう選手って現れなかったからとっても新鮮でしたー。

画像引用元 埼玉西武ライオンズオフィシャルサイトより

守備で金を取れる数少ないプロ野球選手の1人と言っても過言ではありません。
現役で言ったら、広島カープの菊池涼介選手、千葉ロッテマリーンズの岡田幸文選手くらいかなぁ。
Youtubeを見ていると源田選手の守備の動画がたくさん出てきます。
なかでも『たまらん!!』というコトバを多くみられます。
確かに源田のプレーを見ているとたまらんわぁーーって気持ちになるんですよねぇー。
ってことで、まずは源田のたまらん守備動画からどうぞ。

派手に見せない守備のコダワリ

守備の名手・源田壮亮選手のコダワリは派手に見せないこと。
難しい打球も飛びついてキャッチするのではなく、敢えて簡単なプレーに見せる。
ここにコダワリを持っているんだそうです。

ピッチャーは強い打球を打たれた時、パッと振り向いて打球を見る。
それをアウトにとったら、ホッとしてくれる。
普通にアウトにしたい。

『ピッチャーに安心感を与えるプレーをしたい』その信念を貫く源田の守備はチームに欠かせない存在になっています。
投手としてはファインプレーでアウトに取ってくれるのもありがたいが、簡単に捌いてアウトにしてくれる方が嬉しいんです。
いい当たりのヒットをアウトよりも普通のアウトの方が打ち取ってる感があって並みに乗りやすいんですよね。

源田の守備を二人三脚で磨いた名コーチの存在

実は源田の守備が飛躍的に成長したのは社会人になってから。
それまでも上手かったんだが、プロにはなれないくらいのレベル。
社会人野球のトヨタ自動車に入団後、乗田貴士コーチとの日々のトレーニングで磨かれ才能が開花したんです。
守備の安定感を出すための股割りに始まり、テニスボールを使った毎日のテニスボールノック。

柔らかくて軽いテニスボールはグローブで取ろうとすると弾いてしまって取るのはなかなか難しいんです。
でも、それを毎日続けることで連続でキャッチできるようになり、グラブさばきが向上します。
トヨタ自動車では今でもテニスボールノックをしているんですが、なかなか連続で取ることは難しい。
それを今の源田はいとも簡単にこなしていく圧倒的な守備力を身につけました。
基礎をなくして、成長はない。
地味なことこそ最後に立ち返ることができる場所ですね。

裸のアスリートという番組での源田選手の動画を見たんですが、探したらYoutube上から消えてました(笑)。
でも、諦めずに探したらちょっと怪しい中国系のサイトで見つけました。
気になった方は自己責任でご覧くださいませ。
まぁ、僕は全部もう一度見ちゃいましたけどね(笑)

https://www.bilibili.com/video/av27619451/

もう一つの魅力は俊足を活かした盗塁

源田選手の魅力は守備だけではなく、盗塁も魅力っす。
2017年シーズンは盗塁王の西川遥輝の39盗塁に次いで第二位の37盗塁。
単純な足の速さだけでなく、スライディングの巧さも光ります。
守備だけじゃなく、走塁もたまらんぞぉーーーー!!!

ということで、今日は埼玉西武ライオンズの源田壮亮選手のことを書いてみました。
今まで興味なかったけど、源田のたまらん守備が気になるぅーーってなってくれたら嬉しいです。
ルーキーイヤーから続くフルイニング出場も継続中の源田選手を応援していきましょうーー!

それでは、またっ!


野球カテゴリの最新記事