スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

なぜプロ野球の投手はすぐにニューボールに交換するのか?長年の疑問が解けました!

なぜプロ野球の投手はすぐにニューボールに交換するのか?長年の疑問が解けました!

こんにちはー。
長年の疑問が解けてスッキリしたーーー!!!
というテンションのままブログ更新っす。

なぜプロ野球投手はニューボールに交換するのか?

プロ野球中継を見ていると、ピッチャーやキャッチャーが主審にボールをニューボールに交換してもらってるシーンが多々見られます。

多くの場合は投球がワンバウンドしてボールに汚れがついたり、キズがついた場合に交換を要求してます。
打者が打った際にもキズがついたりして交換を要求することもあります。
ボールにキズがつくと微妙に変化が変わってきたり、投手の繊細な指の感覚を邪魔するから交換をしてます。

プロ野球以外ではあまり交換しない

プロ野球以外では、よっぽどのことがなければボールの交換は要求しません。
実は・・・硬式球って結構高いんです。
練習用のボールは多少は安いですが、試合球ともなると1000円以上するんです。
高校野球の試合で使うボールは各チームからニューボールを3球ずつ出す程度だったと記憶してます。
っで、ファールボールなどで場外に出てしまうと、打ったチームの方から1球ニューボールを出します(笑)。

 

だから、試合中にボール交換を要求することってよっぽどのことがないとしません。

ニューボールはヌメヌメするから大嫌い

僕は高校時代までは投手をしていたんですが、実はおろしたてのニューボールが大嫌いでした。
緊迫した場面で相手打者がファールを打って審判からニューボールがきた時なんかは・・・

マジかぁ・・・ココでコレがくるかぁ・・・
ストライク入るかなぁ・・・
マジ最悪。。。

ってなってました。
そんな時は、こっそり砂をつけてボールを手で揉んでなじませてました。
あえてニューボールを汚すのは、おろしたてのボールがヌメヌメして苦手だからっす。
投手出身の人だったらこの感覚分かってくれるんじゃないかなぁ?
ニューボール嫌いの投手ってけっこう多いんですよ。

硬式球はボールの品質維持のために銀紙で覆われており、試合で使う時に紙をやぶって取り出すんです。

思い出しただけでなんか手先が嫌な感じになってきたっす(笑)

試合前に審判が準備してくれているからニューボールでも安心

ニューボール嫌いの僕としてはプロ投手がなぜニューボールがあんなに好きなのかが謎だったんです。
常におろしたてのニューボールを使ってるおり、その感覚になれてるから交換したがるのか?
それとも一般的な野球人はニューボールの方が好きで、あの感覚が嫌いなのは僕だけなのか?
そんな風に思ってたんですが、謎が解けたんです!!!

プロ野球の投手もおろしたては嫌いなんですね(笑)。

実は、ニューボールに見えるんだけど『おろしたて』の状態ではなかったんです!!!
試合開始前に審判の方々が事前にヌメリを取ってくれてるんですねぇーー。

プロって至れり尽くせりやんかぁーーー!
僕らが必死でマウンド上でヌメリを取ろうとしてたのに、事前にとってくれてるなんてぇー。

どうやってヌメリを取っているかというと・・・
試合開始前の準備として銀紙から出したボールを審判さんたちが砂でもんでくれてるんです!
だから、試合中にニューボールを渡されても、ニューだけど新品の状態ではないってこと!
おかげで投手たちは安心してボール交換を要求できるんですねぇー。

1試合で何個くらいボールを用意するのかというと・・・
なんと120個ですってぇ!!!!

実際には80球くらいの使用になるらしいですが、それでも多いですよねぇ?
試合で使ったボールは練習用のボールとなって使われるそうです。

審判の方々の下準備があってこそプロの投手たちが安心してプレーできるんですねぇ。
でも、高校野球ではヌメリをとっておいてくれてないので自分でなんとかしようね!(笑)
長年の疑問が解けてスッキリしたぁーーー。

それでは、またっ!


野球カテゴリの最新記事