スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

大谷翔平選手の二刀流を支える自己管理能力の高さとタイム・マネジメント能力。【社食で牛丼を食べた夜】

大谷翔平選手の二刀流を支える自己管理能力の高さとタイム・マネジメント能力。【社食で牛丼を食べた夜】

こんにちはー。
プロ入り前から無理だと言われた『二刀流』で大成功を収めた大谷翔平選手。
帰国後の記者会見でも相変わらずの素晴らしい受け答えでしたねぇー。
ユーモアを交えながらも時に熱く想いを語る姿が本当に凄い選手だなって。
みんなこれからも応援したいなって思ったんじゃないでしょうか?

画像引用元 Wikipediaより

二刀流を成し遂げた自己管理能力の高さ

今日は技術的な部分ではなく、人間性というか人間力というか内面に関しての話をしたいと思います。
大谷翔平選手はプライベートで遊びに行ったりすることなく、自分の時間を野球に全て使うような人物というのは有名な話です。
若い選手だったら飲みに行ったり、遊びに行ったりしたいと思うだろうに。
大谷選手は自分を律する自己管理能力の高さが凄いですよね。
僕だったら遊びに行っちゃうだろうなぁ(笑)

二刀流を成し遂げるためには、遊んでる時間なんてないって感じなのではないでしょうか?
投手と野手という違う職種になるため、単純な話でいうと他の選手の2倍練習しないとですよね。
しかし、練習時間は限りもあるし、ただ長くやれば良いってものでもない。
いかに効率よく練習をすることと、練習時間を確保することが大切になってきます。

メジャーリーガーになる前の日本ハム・ファイターズ時代から自分を律して取り組み続けているんですよね。
そこが凄いよなぁーー。

画像引用元 Wikipediaより

社食で牛丼を食べた夜

大谷翔平選手の自己管理能力の一つとしてタイム・マネジメント能力の高さがあげられます。
先日、ネットニュースで読んだ話も面白かったなぁー。

詳しくは元記事をご覧くださいませ→大谷翔平が社食で牛丼を食べた夜。「時間の使い方」こそ1番の才能。Number Web

簡単にまとめますと・・・

2015年のオールスターの初戦に先発登板した夜にテレビ番組に生出演した後の食事の話です。
番組スタッフがお礼に軽く食事に行きましょうと誘いお店を予約しようとしたところ、大谷選手は社食に行きたいと。
食事後に本当に社食で良かったのかと聞いてみると・・・
「会社の社食に興味がありましたし、お店へ向かう移動時間のことを考えると社食で十分ですよ。時間がもったいないので」と笑顔で答えたそうです。

まさに自分の時間を野球に全て捧げる大谷選手ならではの答えですし、これが二刀流を成功させて秘訣なんだろうなぁ。
1日24時間というのは、全ての人に平等に与えられた時間です。
その中で、時間をどう使うか?何のために使うのかは自由です。
大きな夢や目標に向かって時間を作ることができるかが鍵ですよね。
遊びたい欲求もあるのは当たり前、しかしそれをどれだけ律して自己管理できるかが差になるんだろうな。

僕も仕事終わってから毎日時間をかけてブログ書いてるのもある意味同じかな。
本当は飲みに行きたいし、遊びたいし、もっと寝たい(笑)。
でも、そこを律して時間を未来に向かって使うことが大切だって思ってるから頑張れるってもんです!

最後は、なんだか自分で自分を褒めてあげたくなっちゃいました(笑)
そんなこんなで夢に向かって今日も明日も明後日もブログ書いていきまーーす。

それでは、またっ!



野球カテゴリの最新記事