スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

エアコンは快適だけど、体調管理のためにもクーラー病には注意したいところ!

エアコンは快適だけど、体調管理のためにもクーラー病には注意したいところ!

こんにちはー。
久し振りのグランドの暑さにやられてキツかったじょびスポです。
思えば練習のない日はケガの安静のためもあり、エアコンの効いた自宅で快適に過ごしてたからなぁ。
身体がなまっちまいました。

クーラー病にご注意を

もともとエアコンが苦手な僕は珍しくエアコンの効いた部屋にずっといたので・・・
クーラー病になってしまいました(笑)。

画像引用元 大阪府医師会より

身体がエアコンで冷えてしまって頭痛や吐き気で調子が悪くなっちゃったんですよね。
最終的には長袖を着てても汗が出ないくらいに冷えちゃってました。

人間には、本来、環境適応能力が備わっています。ところが、クーラーという人工的な環境の変化によって、その体温調整能力に変調が起こり、自律神経の失調を来して、様々な症状を引き起こすことがあります。このような体の変調を総称して「クーラー病」と呼んでいます。
引用元 大阪府医師会より

環境適応能力が弱いのか強いのかよく分かりませんが、クーラーの効いた部屋に長時間いるのが昔から苦手なんですよねー。
子供の頃から夏場は暑いグランドで野球ばかりしていたので、快適な空間に慣れてないのかも(笑)

クーラー病を予防するには

クーラー病を予防するためにはいくつかのポイントがあります。
僕も改めて気をつけるために書き記しておきます。

クーラーの温度設定

クーラーの設定温度は、外気温との差が5度から7度以内になるように設定すること。
真夏では27度前後と言われてますが、少し高めの設定温度にしておく方が良いでしょう。
また、寝る時にはエアコンをかけっぱなしにするのではなく、タイマーを使いましょう。

冷風を直接当てない

これもよく言われることですが、エアコンからの冷風を直接体に当てないように注意しましょう。
体に直接当たると、実際の温度よりも低く感じてしまうので、エアコンの向きに注意です。

血行を良くする

暑いからと言って一日中、クーラーの効いた部屋におらず、時々外へ出て身体を動かしましょう。
身体が冷えすぎないように時々外へ出て身体を温めましょう。
できればシャワーだけで済ますのではなく、お風呂にゆっくり入ったりして血行を良くすることもクーラー病予防になります。
身体の機能を低下させないためにも汗をかくことも大事ですね。

暑い暑いと言ってても試合は真夏のグランドで行う訳ですから、できれば夏仕様の身体に調節したいとこ。
炎天下で試合や練習なんてしなきゃいいという意見もありますが、そうも言っていられません。
もちろん熱中症対策やいろんな対策をすることは大切だと思いますが、身体も夏仕様にシフトできるのが良いと思ってます。
試合に備えて体づくりやケアも合わせて行っていきましょうー。
それでは、またっ!
 


スポーツギアカテゴリの最新記事