スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

千葉ロッテマリーンズのスピードスター!幕張の韋駄天【荻野貴司】の驚異的なスピード!

千葉ロッテマリーンズのスピードスター!幕張の韋駄天【荻野貴司】の驚異的なスピード!

こんにちはー。
今シーズン絶好調だった注目選手が残念ながら離脱のニュースでちょっと残念な気持ちになってしまったじょびスポです。
この選手は爆発的な驚異のスピードを誇る選手なんですが、毎年ケガで離脱してしまうんです。
今シーズンはついにフル出場かと楽しみにしていただけに残念ですわぁ。

スピードスターはケガとの戦い【荻野貴司】

僕が個人的に日本で一番足の速い選手なんじゃないかと思っているのが千葉ロッテマリーンズの荻野貴司選手。
右打者なのに1塁到達タイムは3.57を誇る日本でも有数のスピードスターです。

画像引用元 日刊スポーツより

荻野貴司(おぎの たかし)
1985年10月21日生まれ
奈良県高市郡明日香村出身
身長172センチ 体重75キロ

今シーズンは千葉ロッテマリーンズ不動の1番打者として大活躍をしてきた荻野選手ですが、プロ入りから今までケガとの戦いを続けてきました。
2009年ドラフト会議で1位指名を受けて入団して以来、1年間を通しての1軍での活躍は今まで一度もなかっただけに今シーズンこそと期待していました。

プロ1年目の2010年には開幕スタメンを果たすも5月に右膝を負傷し半月板損傷と診断され手術。
2年目の2011年には5月に右膝の違和感のため離脱し、2度の膝の手術。
2012年はケガの回復が思わしくなく、6月から1軍に合流。
2013年は腰痛で開幕1軍を逃し5月から1軍に合流。
2014年は6月に本塁突入時に左肩関節を骨折し離脱。
2015年は負傷等で2度の登録抹消。
2016年は4月と9月に肉離れにより2度の離脱。
2017年はプロ入り後初めてケガなくシーズンを終えたが、打撃不振で2度の2軍降格。
2018年は7月に右手の骨折により離脱。

2019年はここまでケガなく115試合に出場し打率.308、本塁打10本、盗塁27を記録しキャリアハイを更新中でした。
しかし・・・9月2日に腰痛のため登録抹消。。。
ここまで順調に来てただけに、本当に残念です。
最短の10日間での復帰を期待したいとこですね。

幕張の韋駄天と呼ばれる驚異のスピード

荻野選手の魅力はなんと言ってもその驚異のスピード!
トップスピードに乗るまでが異常に速いんです!!!
そして走塁時の判断能力も素晴らしいです。
浅い外野フライでも自分の足、相手選手の肩を判断し思い切ってスタートを切ってきます。
この判断力のおかげでマリーンズに多くの得点をもたらしてきました。
っということで、驚異のスピードをご覧くださいませ。

幕張の韋駄天のスピードは相手チームにとって驚異ですね。
塁上に荻野選手がいるだけで投手は気が抜けませんもんね。
三盗もバンバン決めてますもんね。

そんな荻野選手のスピードで一番驚いたのが、普通のショートゴロで1塁セーフになったプレー。
特にミスもなかったのにショートゴロで内野安打にされちゃうなんて投手からしたらたまらんですよね。
衝撃の内野安打は次の動画の0:46〜見れますので、ご覧くださいませ。

信じられないスピードですね!!!
油断も隙もあったもんじゃありません。
荻野選手の足の速さは置いておいて、次の塁を狙う意識は見習って欲しいところ。
こういう積極的な走塁が試合の流れを大きく左右することもありますからね!!!

荻野貴司選手の早い復帰を願ってます!
それでは、またっ!
 


野球カテゴリの最新記事