スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

’72年 そこに青春の塊りがあった   その年 ポール・サイモン「Me & Julio Down by the Schoolyard」という不可解な曲がリリース 悩まされました

’72年 そこに青春の塊りがあった   その年 ポール・サイモン「Me & Julio Down by the Schoolyard」という不可解な曲がリリース 悩まされました

’72年ごろだったか

自分にとってその頃の世の中は ミュンヘンオリンピック一直線だった

まだ中学生で 部活に打ち込んでる少年

全日本バレーボールが 心のある程度を占めていた

猫田 森田 大古 横田  松平監督の下 偉業を達成した

とりわけ 嶋岡という選手にあこがれた

自分を 嶋岡選手に 投影してた・・ 幼いから 追えた 青春の一コマ


同じころ 中学校から聴いていたサイモン&ガーファンクルは ’70年にあっけなく解散した

聴き始めて あっっっと言う間の 解散だった

周りは 洋楽の嵐

ビートルズ ボブ・ディラン ジョン・デンバー

そんな中で サイモン&ガーファンクルにのめり込んだ

 

ポール・サイモン

そんなとき 出てきた曲

Me & Julio Down by the Schoolyard

あの頃って 意味深な歌詞 多かったような

当時は そんなこと 解からないから テキトーに聴いて 感動してた

「テキトーに聴いて感動」ってなによ・・って感じだが

洋楽聴き始めて 感動してたが 確固たる意味なんてなく

結局 テキトー なんだったのかなあ

 

今みたいに 英語が身近に無い時代でもあった 英語の教科書が英語のすべてだった

 

しかし 不可解なのに この軽快な曲は・・

不思議な感じ

 

フォーク・ロックカテゴリの最新記事