スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

『お客様史上最高のグローブ・・・』を掲げるオーダーグラブ専門のSAEKIのクオリティーに脱帽!

『お客様史上最高のグローブ・・・』を掲げるオーダーグラブ専門のSAEKIのクオリティーに脱帽!

こんにちはー。
週末少年野球コーチをしながらマスターズ甲子園出場を目指すじょびスポです。
以前からずっと興味があったお店に、遂に初潜入してきました!!!

オーダーグラブ専門メーカー【SAEKI】

その気になっていたお店とは、愛知県岡崎市にあるオーダーグラブ専門メーカーのSAEKIさん。
オーダーグラブって敷居が高い感じだけど、ネットでの評判はとても良いんですよね。
でも、現物主義な僕としては実物を見てみたいという願望をずっと持ってたんですが・・・
愛知県では知多市のワールドさんか、岡崎市の直営店SAEKIストアでしか見られないんです。
ということで、用事で仕事を半休とってたんで思い切ってSAEKIストアへ!
どんなところかなぁ?工房もあったりするのかなぁ?
っと思ったらプレハブだったぁーーー!
一度通り過ぎてしまいました(笑)。

でもね、中に入ってみるとグラブの展示がめちゃオシャレっす!
いろんなグラブの基本型がサンプルとして並んでます。
めっちゃ興奮するわぁーーー。

触らせてもらうと軟式用とは思えない革質の良さにビックリ!
軟式用オーダー・リミテッドラインに使用される北米ステアは、一般的に45,000円以上の硬式用グラブに使用される革なんだそうです。
また手触りもシットリ感というかネットリ感というか画像では伝えられないなんとも気持ちのいいグラブ。
これはマジで実物を触って欲しいなぁーって感じっす。
自分の目で見て触ってこそ感じられるリアルがあるって感じで、わざわざ見に行った価値あり。
気になった方はHPをご覧あれ→オーダーグラブ専門メーカーSAEKI

人生初のオーダーグラブを注文

現在、僕が所有しているグラブは硬式球でプレーする時用のスラッガー内野手用グラブ、少年野球の時に使うAtomsのトレーニンググラブ、少年野球で使うハタケヤマのキャッチャーミットの3つ。
硬式球を使ってのプレーはマスターズ野球をする時か、卒団生の硬式組の子たちがグランドに来てくれた時くらい。
普段は、少年野球コーチとして軟式球での使用がメインです。
次年度こそマスターズ甲子園出場を勝ち取りたいという思いを持ちつつ、普段の軟式球での少年野球コーチでも使えるグラブを探し中でした。
マスターズ野球では外野手としてプレーしてるんで、どうせ買うなら外野手用って狙ってたんで・・・
勢いでそのまま人生初オーダーしちゃいました!!!
実物が本当に素晴らしくて、なおかつ店長さんからいろんな話を聞かせてもらったらもう我慢できるはずないっす。
これからしばらく節約生活っす(笑)
でも、オーダーっていろんなオプションもあるし選べることが多くて自分だけのオリジナルが作れるって素敵!
値段も硬式用グラブを買うことを考えればお得感もあり!(自分に言い聞かせてます)
今回は初ということもあり、派手さは抑えつつ自分なりのオシャレさは出せたと思ってます。
とはいえ到着は約50日後となるので、それまでは我慢我慢です。

でも、我慢できなかったので違うグラブメーカーさんのオーダーグラブ作成用サイトでシミュレーション。

引用元サイト ドナイヤシミュレーション(ヤマモトスポーツ)より
赤系のグラブ本体に紐やヘリ革は黒色ではなくネイビー!
オーソドックスさの中にさりげないオシャレ感をプラスって思ってます。

っで、オーダーグラブの真骨頂とも言える手の大きさを型紙にとってもらい手の甲のサイズも計測。
これで自分の手の大きさにあったサイズ感になるってもんですね。
細かい部分で、僕のグラブの捕り方や硬式球での使用を前提に硬めに仕上げてもらうことに。
個人的に初めてのオーダーだし、自己主張し過ぎるのも嫌だったんでオプションとなる刺繍などはなし。
価格は基本の30,000円プラス型付け(硬め)とグラブを長持ちさせるためのオイル加工。
コダワリ始めたらキリがないくらい様々なオプションがあるんですねぇー。
ご予算に注意してね!!!(笑)

あぁー届くの楽しみだぁー。
2月に開催されるマスターズ甲子園愛知大会前には届く予定なので、これでプレーするのが今から待ち通しいっす!
本当に見に行って良かったし、大満足のSAEKIストアでした。
買う気なくても見に行くだけでも楽しめますが、絶対欲しくなっちゃうので注意も必要でっせぇー。
いろんなグラブメーカーが見たい方は過去ブログもご覧ください→野球グラブメーカーって何社くらいあるのだろうと数えてみたら、僕の中では大小合わせて31社ありました
自分のお気に入りが見つかるといいですね。
それでは、またっ!


野球カテゴリの最新記事