スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

強打者・清原和博さんの頭部を23年間守りきった元・野村克也氏のヘルメット。

強打者・清原和博さんの頭部を23年間守りきった元・野村克也氏のヘルメット。

こんにちはー。
先日惜しまれつつ急逝してしまった野村克也氏のことを懐かしく調べていたら知らなかった話がイロイロと出てきました。
個人的に面白くて胸にグッときたエピソードを紹介したいと思います。

清原和博氏の頭部を23年間守りきった一つのヘルメット

PL学園高校から西武ライオンズに涙のドラフト指名を受け入団した清原和博さん。
一緒に戦ったことのない清原さんと野村監督をつなぐエピソードがありました。
清原さんについては過去ブログでご覧ください→甲子園通算最多本塁打記録を持つ稀代の天才ホームランアーティスト清原和博

これは知らなかったのですが、清原さんはプロ野球生活23年間ずっと同じヘルメットを使用していたんだそうです。
西武ライオンズに入団して以来、巨人に移籍した際も、オリックス・バファローズに移籍した後も色を塗り替えて使用していたんだそうです。

画像引用元 Sponichi Annexより

しかもこのヘルメットというのが、野村克也氏のヘルメットだったんですって。
西武ライオンズに入団した際に頭が大きく、なかなか合うヘルメットがなかったそうです。
そんな中、倉庫の中でホコリをかぶった一つのヘルメットを発見し、被ってみたところサイズがピッタリ。
そのヘルメットには背番号19・・・野村克也氏が現役最後に使っていたヘルメットの予備だったんです。

それ以来、毎年色を塗り替えて大事に大事に使用して23年間の現役生活を終えたんだそうです。
巨人に移籍した時も、オリックスに移籍した時も色を塗り替えて使用してたんですねー。
テレビ中継で見る限りキレイなヘルメットだったから、まさか同じヘルメットをずっと使用していたなんて思いもよりませんでした。
清原さんは現役時代に記録達成した際のバットやボール等はお世話になった方々にいただいてもらったそうで、道具等は手元に残ってないんだそうです。
唯一残っているのがこのヘルメットだそうで、「このヘルメットだけは唯一のプロ野球で生き抜いた証です」と残しているんですって。

清原さんクラスならばヘルメットなどはメーカーさんやチームから支給されるでしょうが、敢えて野村監督の想いも胸に使い続けてたんでしょうね。
こういう話を聞くと、新庄剛志さんのグラブの話を思い出しちゃいます。
一流選手のプレーを支える道具たちの話って凄く興味があって、素敵だなって思います。
野村監督と清原さんの知らなかったエピソードを知れてホッコリした気持ちになりました。
それでは、またっ!

野球カテゴリの最新記事