スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

NBA現役最高のアンクルブレイカーのボールハンドリングが凄すぎ!【カイリー・アービング】

NBA現役最高のアンクルブレイカーのボールハンドリングが凄すぎ!【カイリー・アービング】

こんにちはー。
新コロの影響でNBAの試合も中止となっており、毎日楽しみにしていたNBA Top10 Playsが見れなくてちょっと寂しいです。
ということで、今日はNBAの現役で一番好きな選手のプレイ動画で癒したいと思います。

見ていて一番楽しいプレイヤー【カイリー・アービング】

超人的な身体能力を誇る選手たちが競い合うNBA。
大きな選手やスピードの速い選手、シュート力が凄い、ダンクが凄いなど様々な個性を持つ選手がたくさんいます。
そんな中で僕が一番見ていて楽しい選手がカイリー・アービング。

画像引用元 NIKEジャパンより

カイリー・アンドリュー・アービング
1992年3月23日生まれ
オーストラリア・ビクトリア州メルボルン生まれ
身長190センチ 体重86.6キロ

父がオーストラリアでプロバスケットボール選手をしていた時にメルボルンで生まれ、2歳の時に一家はアメリカ・ニュージャージー州ウェストオレンジに移り住んだそうです。
高校でもバスケで活躍し、名門デューク大学へと進学して活躍した結果、2年生へと進級することなく2011NBAドラフトのアーリーエントリーを表明。
全体1位でクリーブランド・キャバリアーズから指名を受け入団し大活躍を果たし新人王を受賞。
2017年までキャブスに所属した間には2014年からレブロン・ジェームズと強力タッグを組み、2016シーズンにはNBAチャンピオンとなる活躍を見せる。
2017年夏にはトレードでボストン・セルティックスへと移籍し2シーズンを過ごすと、2019年夏にFAでブルックリン・ネッツへと移籍。
現在は2月20日に右肩の手術を行い、残りのシーズンは全休とのこと。
彼のプレイが見れないのもとっても寂しいです。

そんなカイリー・アービングの素晴らしいプレー集をどうぞ。

NBA現役最高のアンクルブレイカー

カイリー・アービングと言えば、ドリブルスキルの高さとシュート力。
190センチと決して大きくない選手ですが、ドリブルからのカットインが素晴らしいんです。
相手ディフェンスに囲まれながらもスルスルと抜いて得点を簡単にとってしまいます。
ドリブルに翻弄された相手ディフェンスは足を滑らせて転んでしまうことも多々あります。
これを「足首を壊す」という表現でアンクルブレイカーと呼ぶんですが、彼はNBA現役最高のアンクルブレイカーだと思います。
ボールハンドリングが巧すぎです!!!

クルクル回るし、カットインからのシュートも相手のブロックを避けた体勢で打つのが素晴らしい!
こんな風にドリブルで相手を抜けたら楽しいだろうなー。
とにかく凄いわぁー。

ただただ巧いわぁ。
シュートのレパートリーが凄いですね。
相手がどうブロックにくるかを察知してのダブルクラッチ。
スゲェーーー!
ケガから復帰する来シーズンは新たな相棒のケビン・デュラントもチームに復帰予定。
この二人の活躍が凄く楽しみなシーズンになることでしょう。
それでは、またっ!



バスケットボールカテゴリの最新記事