スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

サイモン&ガーファンクル 「冬の散歩道」どんなアコースティックな曲かとワクワクして針を落とした瞬間、”いきなりロック”でした

サイモン&ガーファンクル 「冬の散歩道」どんなアコースティックな曲かとワクワクして針を落とした瞬間、”いきなりロック”でした

こんにちは、メローです。
(60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

冬の散歩道

アルバム「ブック・エンド」に収められていますね。

サイモン&ガーファンクルの作品では、珍しいというか、中学生のとき初めて聴いたとき、フォーク・デュオという受け止めでいたため、「いきなりロック」に戸惑いはありませんでしたが、すごくびっくりしたことを思い出します。

町のレコード屋さんで、EPレコードのジャケットは落ち着きがあり、なんとも自然な感じが良くて、曲名も「冬の散歩道」
季節は、それこそ晩秋くらいでしたので迷わず買いました。

が、ワクワクしながら針を落した瞬間、「いきなりロック」!、印象に残りましたね。
それに、ギターの音色は、いつも聴いているそれとは、違っていて、それも心に引っかかっていました。
後に、それが12弦ギターだったことを知ったとき、変ですが「この曲を選んだことが、得した気分になりました。」
自分だけしか知らない秘密の曲、くらいの気持ちでした。

しかし、歌詞に目を向けると「But Look Around, Leaves are Broun・・・」と、ロックには似つかわしくないと当時感じたものです。
その少し哀しい感じをロックのメロディーにのせるのは何故か?と考えたりしたものです。

曲名もその時、英和辞典とかで引いたりしてみて、
「どうしても、【散歩道】にならない!」と不思議で、何故なんだろうと悩んだりした思い出の曲です。
田舎の中学生で、洋楽を聴き始めたばかりの頃でした。

ライヴは、かなり齢を重ねてからのステージですので、
この曲の歌詞のスピードをカヴァーするために、随分アレンジしています。

この記事を書いているときは、8月で暑い真っ盛り!ですが、少しでも暑気払いが出来ればいいなと自分に言い聞かせながら、聴いています。

スタジオ録音ヴァージョンも

ロックもS&G流になるとこんな風に、と当時思いました。



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
ミュージックスクールならシアー
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

マンツーマンレッスン、曜日時間を選べるフリータイム制、
講師指名制など始めやすい続けやすいシステム
ボーカルからギター、ピアノなど多彩な楽器のレッスン
全国約40校でお近くの教室でレッスンをスタートできます。
今なら無料体験レッスン実施中!!
→お申し込みはこちらhttps://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZEVX6+4NATRM+2UVW+61Z83



 

 ヒーリングスピーカー PR-018【YU-ON】」
まるで音の空間に包まれるような感覚


ご覧いただき、ありがとうございました。

フォーク・ロックカテゴリの最新記事