スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

スパイクやトレシューの足元の色を変えるだけで夏場の暑さの感じ方が全然違う!

スパイクやトレシューの足元の色を変えるだけで夏場の暑さの感じ方が全然違う!

こんにちはー。
一度、涼しくなった分だけ週末の暑さはこたえたなぁーー。
久し振りに汗だくで、また2キロ痩せちゃいました(笑)

スパイクとトレーニングシューズ

少年野球チームにコーチとして参加する時にグランドで使うのがスパイクとトレーニングシューズ。
普段の練習時にはあまり自分がプレーすることはないので、トレーニングシューズを使ってます。
スパイクと比べるとスニーカーに近いため、長時間履いていても疲労感が少ないので助かります。

自分が真剣にプレーするような時はしっかりとスパイクを履かないと滑っちゃうんですよね。
他にも少年野球チームの公式戦でベンチに入る際にはユニフォームとともにチームで揃えるために黒色のスパイクを履きます。
土曜に久し振りにベンチ入りするために黒色のスパイクを履いてましたー。

靴の色の違いで暑さが違う

久し振りの35度オーバーの暑さの中で感じたのが・・・
黒色のスパイクがめっちゃ暑いってこと(笑)
黒と白では黒色の方が光を吸収して暑いっていうのは感覚的には知ってますが、実際に履き比べて見ると一目瞭然。
まさに『百聞は一見に如かず』ですね。

ということで黒色のスパイクやトレーニングシューズよりも・・・
白色のシューズの方が足元は涼しいっすよぉ!

チームとしての靴の色を揃えるから黒色じゃないとダメってのもあるから難しいとこでもあります。
スパイクコーナーに行ってみても95%くらいは黒色であり、圧倒的な占有率っす。
逆にトレーニングシューズは黒色よりも白ベースの方が多いかなぁって感じ。

夏の暑さ対策を考えるならば白色系のトレーニングシューズやスパイクの検討も必要かもっす。
グランドにおいてってだけでなく、普段履く靴も夏場はやっぱり白ベースがいいですね。

今日はそんなスパイクとトレシューの色の話でした。
それでは、またっ!
 


スポーツギアカテゴリの最新記事