スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

【五輪真弓】 いきなり”アメリカ録音”ということばと一緒にリリースされた「少女」、圧倒された歌唱力

【五輪真弓】 いきなり”アメリカ録音”ということばと一緒にリリースされた「少女」、圧倒された歌唱力

こんにちは、メローです。
(60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

目次

少 女

いきなりアメリカでの録音という言葉と一緒に現れた!っていう感じでした。
当時は、まだまだ音楽情報がスムーズに流れていなかったので、ホントに「いきなり!」でした。

五輪真弓さん1972年にデビューの曲ですね。

その澄んだ歌声は、赤い鳥山本潤子さんや少し後になりますが、ダ・カーポさんとはまた違ったニュアンスがあり、今までにないインパクトがあるアーティストの登場でした。
「少女」を含むファーストアルバムには、ジョニ・ミッチェルも参加している情報もあり、
全く知らなかったアーティストになぜジョニ・ミッチェルが?と不思議でしょうがなかったです。
でも、その圧倒的な歌唱力に、少し経つとそんなことはすっかり忘れて聴き入ってました。

個人的には、80年あたりまでの初期の楽曲が好きです。

特に、この「少女」とアルバムMayumity うつろな愛」ですね。

アルバムは、ティン・パン・アレーのメンバー達のバックアップも受けて、すごいいい感じな作品です。
後に、ヨーロッパでフランス語でリリースされたアルバム、
日本では、どうしてか評価が低いのは、残念です。
特に「ジャングルジム」がお気に入りです。

海外録音の道を切り開いたアーティストと言っても良い大スターですね。






ラダー譜を使って初心者でも弾ける本格派ウクレレ教材



 

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォーク・ロックカテゴリの最新記事