スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

南部は熱かった!オールマン・ブラザーズ・バンドの前に、オーティス・レディングとデレク&ドミノス

南部は熱かった!オールマン・ブラザーズ・バンドの前に、オーティス・レディングとデレク&ドミノス

こんにちは、メローなロッカーです。

オールマン・ブラザーズ・バンド

その前に、オーティス・レディング

前回登場した、スタックス・レーベルの敏腕マネージャー「フィル・ウォルデン」は、ジョージア州ドーソン出身の1941年生まれのソウルシンガー「オーティス・レディング」の担当でした。

オーティスの曲は、「誠実さ、真剣さ」という言葉が感じれるなあといつも思います。だから、R&Bとよばれたジャンルから、ソウル(魂)というジャンルが派生したのかなあ思います。
不幸にも、飛行機事故で26歳の若さで亡くなってしまいました。1968年のことです。
68年といえば、マーティン・ルーサー・キング牧師が暗殺された年です。牧師さんも魂に寄り添う仕事と考えると、とても偶然とは思えない感じです。白人と黒人の溝が混沌としていた時代です。
ここで、謎めいていると言われる、オーティスのラストソングです。熱唱型ではないオーティスも最高ですよ。

オーティスは、「フィル・ウォルデン」のいたスタックスレーベルを有名にした立役者でした。しかし、突然の他界です。フィル・ウォルデンが「カプリコーン」レーベルを設立したきっかけだったかも知れませんね。

             

有機ガラス管の透明感のある音色を自由な場所で→ ソニー・グラスサウンド・スピーカー

 

そして、「カプリコーン」レーベルの第一弾バンドが、

【オールマン・ブラザーズ・バンド】・・・その前に、デレク&ドミノス

フロリダ州、ジャクソンビル出身で1969年結成。デュアンとグレッグのオールマン兄弟が核になり、ディッキー・ベッツとのツインギターバンドです。南部のバンドは、このツインギターとかツインドラムとか、重厚なサウンドつくりが好きですね。そこがいいんですけど。
デュアンは、アレサ・フランクリンやボズ・スキャッグス、デラニー&ボニーなどとの共演をしていて、そこで「エリック・クラプトン」が目をつけたのは有名な話で、本気でデュアンを引き抜こうと考えていたようです。デュアンはエリックのバンド「デレク&ドミノス」に参加して、あの有名な「いとしのレイラ」になります。私も、『ダカ、ダカ、ダカ、ダ~ン』のリフにデュアンのボトル・ネックが入ってくるのを一生懸命コピーした少年のひとりです。上手くコピーできなくて、なんか、「ダッカ、ダッカ、ダッカ、ダ~ン」と民謡っぽくなっちゃって、バンド仲間と飲みながら、一晩中笑いながら練習した覚えがあります。楽しかったなあ。
71年にデュアンはバイク事故で、24歳で亡くなってしまいましたので、動画はありませんが、デュアンの「ボトルネック奏法」(それまでは、一般的に「スライドギター奏法」と言ってました)を聴いてみて下さい。すっごいです!

ギターの基本、習うなら → 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

オーボエっていい音ですよね?手軽に習えちゃいます。→ 【オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座】

ご覧いただき、ありがとうございました。

R&Bカテゴリの最新記事