スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

NBA史上最高得点を叩き出した防御不可能な必殺技『スカイフック』の使い手【カリーム・アブドゥル=ジャバー】

NBA史上最高得点を叩き出した防御不可能な必殺技『スカイフック』の使い手【カリーム・アブドゥル=ジャバー】

こんにちはー。
友人からリクエストのあったバスケットボールの必殺技について今日は書いていきます。
簡単そうに見えるけどコントロールするのが難しいシュートなんですよねー。

NBA史上最高得点者【カリーム・アブドゥル=ジャバー】

NBAで通算得点歴代第1位の選手をご存知ですか?
スーパースターのマイケル・ジョーダンじゃないかと思う方も多いんじゃないでしょうか?
残念ながらジョーダンは第4位です。

第1位 カリーム・アブドゥル=ジャバー 38,387得点
第2位 カール・マローン 36,928得点
第3位 コービー・ブライアント 32,482得点
第4位 マイケル・ジョーダン 32,292得点
第5位 ウィルト・チェンバレン 31,419得点
引用元 NBAの記録(Wikipedia)より

今日はそんな名選手の紹介です。

カリーム・アブドゥル=ジャバー
1947年4月16日生まれ
アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク生まれ
身長218センチ 体重112キロ

1971年にイスラム教徒に改宗した際に現在の名前に変更したそうです。
改宗前の名前はFerdinand Lewis Alcindor, Jr.なんだそうですが、知らなかったぁーー。
1969年にNBAドラフト全体1位でミルウォーキー・バックスに指名され入団。
1975年に4選手との1対4のトレードでロサンゼルス・レイカーズへと移籍し1989年に引退。
NBAチャンピオン6度、MVP6度、オールスターにも幾度となく出場し、バスケットボール殿堂入りもしてます。
背番号『33』はミルウォーキー・バックス、ロサンゼルス・レイカーズの両チームで永久欠番となってるスゴイ選手だったんですね。

防御不可能と言われた必殺技【スカイフック】

カリーム・アブドゥル=ジャバーといえば『スカイフック!』と呼ばれるくらい代名詞なプレー。
フックシュートとはゴールに対して横を向き、肩幅の分だけディフェンスとの距離を離すことでブロックされにくくなるシュートのこと。
片手でヒョイっと簡単そうに投げていれるシュートなのですが、難しいシュートなんですよね。
さらにジャバーのスカイフックは身長218センチの長身からジャンプして高い位置からフックシュートを打つことで防御不可能とも言われてました。
ゴールよりも高い手の位置から放たれたシュートは手から離れた瞬間が放物線の最高地点。
シュートの最高地点よりも落ちてきたところでボールに触れるとゴールテンディングというファールで得点が入ってしまいます。
ということは・・・ゴールよりも高い位置から放たれるジャバーのスカイフックは止めようがない必殺技ってこと。
そしてジャバーのスゴイところはゴールのすぐ近くからだけでなく、ペイントエリアの外からもフックシュートをスパスパ決めてきちゃうんですよね。
相手のディフェンスとしたら、どうやって止めていいのか本当に悩む選手ですね。

このスカイフックを武器に20年という長い年月プレーし得点を重ね続けた結果が38,387得点という記録につながったんですね。
1試合だけ、1シーズンだけでなく安定して長い期間得点を重ね続けた素晴らしい記録ですね!

フックシュートってなかなか難しいシュートなので、なかなか新たな使い手が出てきてません。
ジャバーのスカイフック、マジック・ジョンソンのベビーフック。
新たなフックシュートの使い手でどんな選手が出てくるか楽しみですね。

それでは、またっ!
 


バスケットボールカテゴリの最新記事