スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

守備をする気ゼロだが、欠かすことができない史上最高のスピードを持つ天才FW【怪物ロナウド】

守備をする気ゼロだが、欠かすことができない史上最高のスピードを持つ天才FW【怪物ロナウド】

こんにちはー。
久し振りのサッカー代表戦を見てサッカー熱が上昇中のじょびスポです。

今日はサッカー界のレジェンドストライカーのご紹介です。

史上最高のスピードを持つ天才FW【怪物ロナウド】

ロナウドはロナウドでもクリスティアーノではなく、元ブラジル代表のFWロナウド。
僕が今までプレーを見た中で最高の点取り屋ではないかと思う選手です。

画像引用元 Naverまとめより

ロナウド・ルイス・ナザーリオ・デ・リマ
1976年9月22日生まれ
ブラジル・リオデジャネイロ出身
身長183センチ 体重95キロ

リオデジャネイロの貧困街で生まれ育ったロナウドは16歳の時にブラジルの強豪クルゼイロECに加入。
その実力を買われてたった1年でオランダの強豪PSVアイントホーフェンに移籍。
在籍2シーズンで公式戦57試合に出場し55得点の大活躍し今度はスペインの強豪FCバルセロナへと移籍。
FCバルセロナでは1シーズンの所属ながらリーグ戦37試合の出場で34得点という驚異的なゴール数を記録。
イタリアの強豪インテル・ミラノ、スペインの強豪レアル・マドリード、イタリアの強豪ACミラン、最後はブラジルに戻りコリンチャンスで現役を引退しました。

ロナウドはボールが来ない時はほとんど守備もしないのですが・・・
一度ボールが彼の元へくれば驚異的なスピードとテクニックで相手ディフェンスをかわしゴールをこじ開けてしまう驚異的な突破力。
あまりの出来事にマスコミからは『イル・フェノーメノ(超常現象)』とまで呼ばれていました。
デカイのに速い!速くて巧い!
相手ディフェンダーからしたらファールでしか止めれないくらい。
そんなスーパーなプレイ集をどうぞ。

今見ても恐ろしく速いし、足元のテクニックが上手すぎますね!

右膝靭帯部分断裂の大ケガ

驚異的な得点能力を誇ったロナウドですが、右膝靭帯部分断裂の大ケガでプレーできない期間が長かったため、全盛期が短い選手だった印象。
インテル・ミラノに所属する1999年11月21日の対USレッチェ戦で右膝靭帯部分断裂により長期の欠場。
2000年4月12日の対SSラツィオ戦で復帰するもたった7分間の出場でまた同じ箇所を傷め離脱。
手術からの復帰には20ヶ月にも及ぶリハビリが必要となってしまいました。
ロナウドの驚異的なスピードとトップスピードでの切り返しに膝がもたなかったのかなぁ・・・。
本当に残念な長期離脱でした。
その後復活し、2002年の日韓W杯でもブラジルの優勝に貢献し、自身も8ゴールをあげる活躍で得点王にも輝きました。

レアル・マドリードでも活躍し現役生活の晩年を迎えていく訳ですが、ケガをする前の若手の頃の驚異的なプレーの印象が強かった選手ですねー。
元ブラジル代表監督のボビー・ロブソンが『私の戦術はロナウドだ!』と言ってのけたほどのプレーでお別れです。

メッシやクリスティアーノ・ロナウドに引けを取らないハンパない選手でしたよね!
また、こんな素晴らしいFWが現れるのを楽しみにしてます!

それでは、またっ!
 


サッカーカテゴリの最新記事