スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

レアルマドリードへと移籍が決定した日本の若き天才【久保建英】

レアルマドリードへと移籍が決定した日本の若き天才【久保建英】

こんにちはー。
日本の若き天才がついに18歳となり海を渡ってスペインの強豪レアル・マドリードと契約を結びました。
世界最高のチームとも言われるビッグクラブに遂に日本人が移籍!
これって凄いことですよね。
あの本田圭佑選手ですら達成できなかった快挙です。

日本の若き天才がレアル・マドリードへ移籍【久保建英】

先日のコパ・アメリカでA代表デビューを飾った18歳の天才・久保建英選手。
18歳とは思えない風格が漂っており、他の選手たちにも臆することなく自分のプレーをしていましたね。

画像引用元 日本サッカー協会HPより

久保建英(くぼ たけふさ)
2001年6月8日生まれ(18歳)
神奈川県川崎市出身
身長174センチ 体重69キロ

久保建英選手といえば、少年時代にスペインのバルセロナFCの下部組織(カンテラ)に所属していたことも有名です。
3歳からサッカーを始め、小学3年生の時に川崎フロンターレの下部組織に入団。
2011年8月のFCバルセロナの下部組織カンテラ(ラ・マシア)入団テストに合格しスペインに渡りました。
バルセロナでは順調に成長し、大会得点王やMVPを獲得する中心選手としてプレーしていました。
しかしFCバルセロナの18歳未満の外国人選手・登録違反により久保選手の公式戦出場停止処分が続き、2015年3月に日本に帰国しFC東京の下部組織に所属することになりました。
2016年には中学3年生ながらFC東京U-18に飛び級昇格し、日本クラブユースサッカー選手権へも出場し中学生ながら得点王となる活躍。
2017年11月1日にはFC東京とプロ契約を結び、11月26日のサンフレッチェ広島戦で途中出場からJ1デビュー。
16歳5ヶ月22日での出場は森本貴幸、宮吉拓実に続く歴代3位の年少記録となりました。
2018年8月には横浜F・マリノスへと期限付き移籍をするも残留争いをするチームの中で出場機会が減り2019年にFC東京へと復帰しレギュラーとして活躍する中で、18歳となり6月14日にレアル・マドリードへの移籍が発表されました。
1年目はBチームのカスティージャでのプレーとなりますが、今後の活躍に期待したいですね!
まずは、2011年から2018年までの少年時代のプレーからどうぞご覧くださいませ。

魅力はドリブルだけでなく強くボールを蹴れること

久保建英選手の魅力は何と言ってもドリブルじゃないでしょうか。
細かいステップとタッチで相手ディフェンスをスルスルと抜いていくドリブルはマジで凄い。
スピード一辺倒ではなく緩急を使って相手を振り回して抜いていくんですよねぇー。

個人的に思うもう一つの魅力は強くボールを蹴れること。
当たり前といえば当たり前ですが、強いボールが蹴れることって凄く大事なんです。
ドリブルで切れ込んでいってニアサイドにズドン!!!
この久保選手のプレーが好きなんですよね。
強いボールが蹴れなければニアサイドは抜けないですもん。
また強くて正確なシュートが打てるので、相手ディフェンスも距離を開けることができず詰めてくるからこそ、ドリブルで抜けていくんです。
強いシュートの打てないドリブルだけの選手だったら巧さはあっても怖さはないですもんね。
フリーキックもスピードのあるボールを蹴れるからこそチームでも任されてるんですね!
前を向いてゴールに向かってくる時の怖さは18歳にして凄いっす。
ということでもう一本動画をご覧くださいませ。

これから海を渡ってどんな活躍を見せてくれるのか楽しみな選手です!
これからの活躍を楽しみに注目して行きたいと思います。
それでは、またっ!
 


サッカーカテゴリの最新記事