スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

クリーム

1/2ページ

【メローお勧め・Four Until Late】 フレッシュ・クリームの中で唯一、クラプトンがヴォーカルをとっている曲、天から与えられた才能が聞こえてきます。

こんにちは! ロバート・ジョンソン 深夜、丑三つ時ならず子の刻、午前零時頃、 路の交わる所に行き、悪魔に魂を売ってギターの技法とブルースを手に入れて天才になった と、不思議な話が伝え続けられている、 ロバート・ジョン […]

【 クリーム 】2005・ロイヤル・アルバート・ゴールの締めくくりは、サンシャイン・オブ・ユア・ラブ

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) クリーム【Live at ロイヤル・アルバート・ホール 2005】 武骨なラヴソング 2005年のロイヤル・アルバート・ホールを […]

クリーム 「ホワイト・ルーム」語句を並べた独特な詞が聴き手の想像力をかき立てます

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) クリーム【Live at ロイヤル・アルバート・ホール 2005】 イメージをかき立てる曲と詞 クリームの素晴らしき世界に収録さ […]

クリームが、ブリティッシュ・ロック界に大きな影響を与えた、強烈ダミ声のハウリン・ウルフをカヴァー

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) クリーム【Live at ロイヤル・アルバート・ホール 2005】 スローなブルース 今回ご紹介するのは、「シッティング・オン・ […]

クリーム「クロスロード」エリック・クラプトンが奏でる軽快なイントロ・リフの「間」・「呼吸」がコピー出来ませんでした。

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) クリーム【Live at ロイヤル・アルバート・ホール 2005】 ベイシックなイントロの”間”・”呼吸”が別物 今回は、ついに […]

クリーム We’re Going Wrong ジャック・ブルースの重苦しくも美しいヴォーカルが独特な世界観を奏でます。

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) クリーム【Live at ロイヤル・アルバート・ホール】 We’re Going Wrong 間違いそうだ 本当にこ […]

「クリーム」がカヴァーするブルース界・3大キングの一人「アルバート・キング」の「悪い星の下に」

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) クリーム【Live at ロイヤル・アルバート・ホール】 悪い星の下に 今回は、カヴァー曲です。 原曲は、ブルースの”3大キング […]

”クリームの素晴らしき世界”に収録されている「荒れ果てた街」、『この曲が一番!』と言う方多いんじゃないかな

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) クリーム【Live at ロイヤル・アルバート・ホール】 荒れ果てた街 クリームの曲でどれが一番好きか?と聞かれたら、『この曲が […]

ブルースの名曲をカバー「ストーミイ・マンデイ」、エリック・クラプトンの圧巻のソロに応えるオーディエンス

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) クリーム【Live at ロイヤル・アルバート・ホール】 ローリン・アンド・タンバリン 前回のクリームは、シカゴのブルースマン、 […]

マディー・ウォーターズをカバー「ジャック・ブルース」のハーモニカが駆け抜ける「ローリン・アンド・タンバリン」

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) クリーム【Live at ロイヤル・アルバート・ホール】 politician(政治家) 前回は、エリック・クラプトン印象的なリ […]