スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

クリーム「クロスロード」エリック・クラプトンが奏でる軽快なイントロ・リフの「間」・「呼吸」がコピー出来ませんでした。

クリーム「クロスロード」エリック・クラプトンが奏でる軽快なイントロ・リフの「間」・「呼吸」がコピー出来ませんでした。

こんにちは、メローです。
(60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

ベイシックなイントロの”間”・”呼吸”が別物

今回は、ついにやって来ました「クロスロード
ベイシックなブルースフレーズのイントロで軽快に始まるこの曲
『かっこいい!』とギターキッズたちは絶対コピーした内の1曲だと思います。私も当時、挑戦者の一人だったです。
しかしあの、”間”と言うか、”呼吸”と言うか、途中のフィンガリングが、自分の弾いたのを録音して比べると、当たり前ですが、雲泥の差どころでは無く、ロックとかブルースとは程遠い、全くの別物になっていました。

『ブルースだから黒人のDNAが無いと、このニュアンスは出ないよ』なんて、セコイ言い訳をしたりしているところに、
『でも、エリック・クラプトンって、イギリス人じゃん』なんて突っ込まれて、
『黒人+エリック・クラプトンだから余計に無理なの』なんて・・・
才能がない上に、努力もしなかった昔に戻って、『努力だけでも、コピーの再挑戦をしたいなあ』と思ったりしています。
また、聞こえてきました『いつやるの?今でしょ!』
帰りにギターの弦、買ってこよっと。

クロスロード

トリオ・グループなのに、イントロから続くリフが、エリック・クラプトンがソロに移行しても、しっかり聞こえていて、サウンドが薄くならずキープしているのがほんとに不思議です。

ライヴ映像の途中に、ブライアン・メイ(クイーン)の笑顔がありましたね。
結構、他のミュージシャンも来場しているようです。

ロバート・ジョンソン

クリームの「クロスロード」は、1911年5月8日、ミシシッピ州生まれのロバート・ジョンソンのカバーです。
昔のブルースマンは、すごい曲を書きますね。
原曲はしぶいです。是非、聴き比べてみて下さい。

ロバート・ジョンソンの遺産を巡って、多くの自称息子が現れ、裁判が紛糾したという話をお聞きになられた方もあると思います。
ロバート・ジョンソンの記念館もあるようです。

クロスロード

こうやって、クリームのライヴを綴ってきますと、
作詞作曲はジャック・ブルースの担当で、
エリック・クラプトンは、ブルースの至宝をカバーしようと提案する担当、
と言うような感じですね。

クロスロードは、3作目の「クリームの素晴らしき世界」に収録されています。

 

楽器の習い事 

 1ヶ月でアノ名曲が弾けるウクレレDVD【冊子&豪華特典付き】
 【30日で弾ける初心者向けギターレッスン 3弾セット】
 

ご覧いただき、ありがとうございました。

ロックカテゴリの最新記事