スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

【メローお勧め・Four Until Late】 フレッシュ・クリームの中で唯一、クラプトンがヴォーカルをとっている曲、天から与えられた才能が聞こえてきます。

【メローお勧め・Four Until Late】 フレッシュ・クリームの中で唯一、クラプトンがヴォーカルをとっている曲、天から与えられた才能が聞こえてきます。

こんにちは!

ロバート・ジョンソン

深夜、丑三つ時ならず子の刻、午前零時頃、
路の交わる所に行き、悪魔に魂を売ってギターの技法とブルースを手に入れて天才になった
と、不思議な話が伝え続けられている、

ロバート・ジョンソン


前回のクラプトンによるカヴァーの原曲です。

Four Until Late

聴く側の心境やその時の環境に左右されず、いつ聴いても天才的な響きを放っているロバートのブルース

こういう曲を、少年のころクラプトンは聴いてたんですね。

クリーム

「Four Until Late」は、クラプトンが、クリームのファースト・アルバムで唯一ヴォーカルをとってる曲なんです。
まだまだ、クラプトンがヴォーカルを演るなんて想像もできなかった頃だと思います。
クラプトン自身はどうだったんでしょうか、
クリームには、ジャック・ブルースという偉大なヴォーカリストがいましたので、
当時、リード・ヴォーカルという選択は無かったのではないかな?と思いますが、『その後の人生の中で、それもありかな?』なんて思っていたのかも知れないですね。

Four Until Late

アレンジもいいですね!

 

ロックカテゴリの最新記事