スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ
抜群の身体能力で派手なプレーが絵になる個性派クラッチシューター【J・R・スミス】

こんにちはー。
八村塁の活躍でNBAに注目が集まってる今シーズン。
しかし、残念なのが気になるあの選手がどこのチームにも所属してないってこと。
うぅーん、これで引退になっちゃうのかなぁ?

スターターじゃないのに妙に気になる【J・R・スミス】

チームのスターターというよりはシックスマンのような存在なのに、妙に気になる選手。
気づけば派手なプレーで観客の注目を集めるタイプのJ・R・スミス。
抜群の身体能力でのダンクもカッコイイっす。

J・R・スミス
1985年9月9日生まれ
アメリカ・ニュージャージー州出身
身長198センチ 体重100キロ

高校時代から州のオールファーストチームにも選ばれる選手として有名だったJ・R・スミスはノースカロライナ大学へと進学する予定だったのですが、2004年NBAドラフトにアーリーエントリー。
ニューオーリンズ・ホーネッツから全体1巡目18位指名を受けNBA入りし、ルーキーイヤーの序盤はベンチスタートでしたが、12月下旬からはスターターとして得点面で活躍。
2年目のシーズンオフにはトレードでシカゴ・ブルズへと放出され、直後にデンバー・ナゲッツへとトレードされ2006年からはナゲッツで活躍。
2011年にはNBAロックアウトの影響で中国のCBA浙江ゴールデンブルズでもプレー。
2012年からはニューヨーク・ニックスでプレーし2013年にはシックスマン賞も受賞。
2015年にはオクラホマ・サンダーなどが絡んだ三角トレードでクリーブランド・キャバリアーズへと移籍。
キャブスではレブロン・ジェームズ、カイリー・アービングたちと活躍し念願のNBAチャンピオンにも輝きました。
2018ー2019シーズンに11試合に出場するも11月にキャブスとの双方合意によりチームを離れることとなり、その後はどこにも所属していない状態。
これで引退になっちゃうのかなぁ?
個人的に少し寂しいです。

画像引用元 Wikipediaより

抜群の身体能力で派手なプレーが絵になる選手

J・R・スミスは見ていてとても面白い選手。
身長は198センチながらも身体能力が抜群でジャンプ力も凄いんです。
何と言ってもプレーが派手で絵になる選手なんですよね。
試合終盤の苦しい時間帯にも強くクラッチシューターとしても有名。
そんなJ・R・スミスの派手なプレーをお楽しみください。

アリウープが迫力ありますねぇー!!!

今日はなんだか気になるJ・R・スミスの記事でした。
もう一回NBAで活躍する姿を見たいんだけどなぁー。
それでは、またっ!
 


バスケットボールカテゴリの最新記事