スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

当たり出したら止まらない驚異の爆発力を持つ3Pシューター【クレイ・トンプソン】

当たり出したら止まらない驚異の爆発力を持つ3Pシューター【クレイ・トンプソン】

こんにちはー。
今日はバスケブログです。
スポーツの世界において『ゾーン』と呼ばれる極度の集中状態で圧倒的なプレーをすることがあります。
ゾーンに入ると信じられないような凄いプレーが起きたりします。
今日はそんなゾーンに入って凄いプレーをやってのけたバスケットボール選手のご紹介。

NBA屈指のキャッチ&シューター【クレイ・トンプソン】

現在、ゴールデンステイト・ウォーリアーズに所属するクレイ・トンプソン。
2019シーズンは残念ながら右膝前十字靭帯断裂の大怪我で休場中なのが凄く残念。
早く復帰して欲しいところですが、今シーズン中の復帰は難しそうです。
クレイ・トンプソンは味方のパスからのキャッチ&シュートが超得意な選手。
味方を活かすというよりも活かされるタイプのピュアシューター。
無駄のないフォームから放たれる3Pシュートの成功率が素晴らしく高く、エースのステフィン・カリーと並ぶ得点力を持った選手です。

画像引用元 Wikipediaより

クレイ・アレキサンダー・トンプソン
1990年2月8日生まれ
アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス出身
身長201センチ 体重93キロ

ワシントン州立大で活躍したクレイ・トンプソンは2011NBAドラフト1巡目全体11位でゴールデンステイト・ウォーリアーズから指名を受けNBA入り。
ルーキーイヤーからずっとゴールデンステイト・ウォーリアーズ一筋で現役生活を続けています。
チームのエースであるステフィン・カリーと同じくらい替えのきかない中心選手として活躍してきました。
NBAオールスターにも5度出場し、NBAチャンピオンにも3度輝くスター選手。
3Pシュートの名手としても有名で2016年NBAスリーポイントコンテストでも優勝しています。
また、チームのディフェンス面でも重要な役割を果たす大事な選手なんですよー。

1クォーター最多得点37点のNBA記録

クレイ・トンプソンのプレーといえば味方からのパスをもらって放つ3Pシュートのイメージが強いプレイヤー。
シュートが当たり始めたら止まらないという印象も。
そんなクレイ・トンプソンが持つ1クォーター最多得点のNBA記録が37点。
一人でこんなに得点を重ねてしまうなんてゾーンに入ってるとしか言いようがないくらい神ががってました。
2015年1月23日に行われたサクラメント・キングス戦の第3Qの驚異の得点動画をご覧くださいませ。

打てば入るという驚異のプレーの連続にファンも大興奮!!!
このクォーターのFG成功率は3Pシュート9本を含む13/13の100%!
入り出したら止まらない感じで他のプレイヤーもトンプソンにボールを集めまくってましたね(笑)。

1クォーター3ポイントシュート成功数9本のNBA記録、1試合3ポイント成功数14本のNBA記録も持ってます。
本当に当たり出したら止まらない男です!

マジでスゲェーーー!
3Pシュートってこんなに簡単に入るものなの?って思っちゃうレベルですね。
しかも第4クォーターはベンチで休んでたので、実質3クォーター(出場時間26分)での記録ってのがまた凄い!

逆に3Pシュートばかり警戒していたら今度はカットインで切り込まれて得点されちゃうし。
トンプソンの得点能力は本当に凄いですわ。
2016年12月5日のインディアナ・ペイサーズ戦では29分間の出場で60得点をあげるという離れ業も達成。
まさに打てば入るゾーンの状態だったんでしょうね。

こんな爆発的な得点能力が発揮できたら超楽しいでしょうね。
みんな俺にボール回せ!って言いたくなっちゃうんだろうな。

中国メーカーのバッシュ【ANTA】

クレイ・トンプソンが履くバッシュが実は中国メーカーのモノというのはマニアックな話かと思います。
ウォーリアーズ入団時からずっと使っていたのはNIKE社のバッシュ。
しかし、NIKEから自身のシグニチャーモデルを出してもらえるようになるのは並大抵のことではありません。
そんな中、中国メーカーのANTAがサポートをしてくれることとなり契約して発売されたのが「ANTA KT」。
NBAでもこのANTAのバッシュを使用しているのはクレイ・トンプソンとラジョン ・ロンドだけみたいです。
実績の少ない中国メーカーだったからこそ、シグニチャーモデルを出すことができたんですね。
しかし、その後もANTAのバッシュで驚異的な活躍をしていることからも、良いバッシュなのかも知れませんね。
ちなみに日本未発売だそうです。
中国へ行って購入するしかないのが残念ですね。
 

今日はNBA屈指の3Pシューターの記事でした。
クレイ・トンプソンの怪我からの復帰を楽しみに待ちたいと思います。
それでは、またっ!



バスケットボールカテゴリの最新記事