スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ
驚異的な反射神経でシュートを防ぐ静のゴールキーパー【ダビド・デ・ヘア】

こんにちはー。
サッカーでは攻撃的な選手よりもゴールキーパーが一番好きなじょびスポです。
週末の疲れが残っているので、今日はサラッとサッカー動画ブログです。

驚異的な反射神経を持つ『静』のGK【ダビド・デ・ヘア】

現代のゴールキーパーは足技が巧みな選手が増えており、果敢にペナルティーエリアから飛び出していくタイプが世界のスタンダードとなりつつあります。
しかし、今日ご紹介するゴールキーパーは決して足技が得意なタイプではありません。
昔ながらのゴールキーパーと言ってもいいかも知れませんが、驚異的な反射神経でスーパーセーブを連発します。
どちらかと言うと『静』のゴールキーパーです。

画像引用元 Wikipediaより

ダビド・デ・ヘア
1990年11月7日生まれ
スペイン・マドリード出身
身長190センチ 体重76キロ

10歳の時にアトレティコ・マドリードの下部組織に入団し、各カテゴリーを順調に昇格していきプロ契約。
その後、2011年まで在籍し絶対的守護神として君臨。
2011年6月27日にはプレミアリーグの超強豪マンチェスター・ユナイテッドへと活躍の場を移します。
マンUでも正ゴールキーパーとしてスペイン代表としても国際Aマッチに39試合出場している名選手です。
2019年2月24日にはプレミアリーグ通算100試合目となるクリーンシートも達成し長く活躍しています。
正確なポジショニングと驚異的な反射神経でスーパーセーブを連発する動画をどうぞ。

脚でのセーブが凄い

ダビド・デ・ヘアのもう一つの特徴が脚でのセーブが多いという点です。
通常ゴールキーパーはフィールドで唯一手を使うことが許されていることから手でボールをキャッチしたり弾くことがほとんどです。
しかしデ・ヘアの場合は脚でのセーブも非常に多いんです。
身体は逆をつかれていても、片脚が必ず残っておりその脚でセーブをすることが上手いんです。
自分もフットサルでキーパーをよくやってましたが、脚が残らないんですよねぇー。
相手に簡単に振られちゃうんですが、デ・ヘアは脚が残る!

また、脚でセーブするメリットとしてはボールを強く弾くことができること。
手で弾くとまだエリア内にボールが残ってしまってピンチが続くことがありますが、脚で弾かれたボールはエリア外に遠くクリアされます。
ここが凄いんだよなぁー。
ということでダビド・デ・ヘアの脚にも注目してスーパーセーブ集をご覧ください。

凄いわぁーーー。
こういう動画見てるとテンション上がってきますね!!!
週末まで残りも頑張りましょうーーー!
それでは、またっ!
 


サッカーカテゴリの最新記事