スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

武井壮的スポーツの攻略法は分析し検証し作戦を決めて『選択と集中』することだった。

武井壮的スポーツの攻略法は分析し検証し作戦を決めて『選択と集中』することだった。

こんにちはー。
Youtubeでいろんな動画を見るのが好きなじょびスポです。
スポーツやお笑いなどイロイロ見ますが、最近はスポーツ選手などの動画もあり勉強になることも多いです。
今日は百獣の王・武井壮さんの動画からブログ書きます。

武井壮的スポーツの攻略法

芸能人でありアスリートでもある武井壮さん。
個人的に大好きでイロイロと動画を見ることがありますが、役に立つことも多いんです。
過去にも武井壮さん関係で3本ブログを書いてました。
百獣の王を目指す武井壮は理論派
スポーツ万能になる方法は『自分の身体を動かす技術を上げておくこと』
武井壮から学ぶ『準備の大切さ』

紹介する動画は陸上10種競技での武井壮さんの攻略法を語ってくれていました。

選択と集中

まず武井壮さんが10種競技に向かう際に考えたのは、分析です。
10種類の異なる競技を考えた際に走る競技が4種類、跳躍競技が3つ、投擲競技が3つとなります。
4つの競技である走る競技を重視することで競技を進めやすくするために走力トレーニングを中心にするべきではないかと考えたそうです。
さらには、跳躍競技においても助走部分があるため、走力アップはプラスに働くであろうと考えると7種目に走力が影響することに。

本当にそれでいいのか?さらに分析と検証もしたそうです。
幅跳び、高跳び、円盤投げ、棒高跳びの4種目は技術的に高い専門の選手たちでさえファウルが多く難しい競技だということ。
ここに練習時間を費やしすぎても、全体の練習時間が足りなくなってしまう。
そして専門に練習すればするほど左右の足の踏切りや筋力が必要になったり左右のバランスが崩れてしまい、自分の長所である走力に影響が出てしまうと考えたそうです。

全く練習しない訳ではなく、それなりの記録を残せるようにと考えてトレーニングをしたそうです。

・思い通り動く
・技術は1つ
・フィジカルのみ向上
・走力アップ→プレッシャー

身体を自分の思い通り動かすことができるようにすることで、ムダなミスを防いだり脳で考えた通りに動かせるように。
これができれば例えば上手い選手の身体の動かし方を見て真似をすればそれなりの記録が出せるはず。
技術も細かい技術を求めすぎるのではなく、1つの技術を習得してそれなりの記録を出すことに。
フィジカルを鍛えることで同じ動きでもより記録が伸びるように。
絶対的な走力アップにより他の選手たちへのプレッシャーを与えようと。

10種競技全てのレベルアップに満遍なく練習時間を割くのではなく分析と検証をした上で、選択と集中を行ったんですね。
これって全てのスポーツにも当てはめることができる考え方ではないでしょうか?
その競技の中で必要な能力などを分析した上で選択と集中することで、選手としての能力向上となるでしょう。

こういう考えの部分って凄く大事なことだと僕は思ってます。
身体能力だけではなく、頭まで使うことでさらに向上できるのだと思います。
首から下だけでなく、首から上を使って野球をしようってコトバをかけることがあるのですが、こういうことも含めて言ってるつもりだったんだけど、伝わってたかなぁ?
武井壮さんの話から何かのヒントになってくれたら嬉しいです。
それでは、またっ!
 


陸上カテゴリの最新記事