スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

裏への抜け出しのスピードを武器に再開したセルビアリーグで絶好調【浅野拓磨】

裏への抜け出しのスピードを武器に再開したセルビアリーグで絶好調【浅野拓磨】

こんにちはー。
少しずつスポーツも再開され始め、楽しみが増えてきたじょびスポです。
Jリーグの再開はまだですが、一足早く再開したセルビアリーグで活躍する日本人選手の紹介です。

裏への抜け出しのスピードが凄い【浅野拓磨】

Jリーグからヨーロッパへと飛び出して早4年となる浅野拓磨選手。
現在は、セルビアリーグのパルチザン・ベオグラードに所属して活躍しています。
リーグ再開から絶好調でゴールを挙げスポーツニュースで日本に朗報を届けてくれています。
セルビアリーグ再開から公式戦2戦連続ゴールを挙げセルビアカップ準決勝進出にも貢献。
素晴らしい活躍で嬉しいです。

1点目の裏への飛び出しもいいっすね!
なんか一段と身体がゴツくなったような気もします。

画像引用元 浅野拓磨公式ブログより

浅野拓磨(あさの たくま)
1994年11月10日生まれ
三重県菰野町出身
身長173センチ 体重71キロ

七人兄弟の三男として生まれ、兄弟の影響で幼い頃からサッカーを始め、高校はサッカーの強豪・四日市中央工業高校(通称:四中高)に進学。
2年生からレギュラーを獲得し、高校選手権では3期連続出場を果たしました。
特に2年次の第90回大会では史上4人目となる初戦から決勝まで全試合得点を挙げ大会得点王も獲得。
卒業後は複数の球団からのオファーの中、サンフレッチェ広島とプロ契約。
スーパーサブ的なポジションを獲得し、試合の終盤で圧倒的なスピードで活躍しました。
日本代表としてもU-23代表としてリオデジャネイロ五輪にも出場し、A代表デビューもしておりそのスピードに注目され2016年7月3日にプレミアリーグの強豪アーセナルへの完全移籍が実現。
しかし労働許可が下りず、ドイツ・ブンデスリーガ2部のシュトゥットガルトへのレンタル移籍となり、2016−2018年の2シーズンプレイすることに。
2018年5月にはブンデスリーガのハノーファー96へとレンタル移籍となるも、出場試合数が基準に達した場合の買い取り義務が発生する契約だったため、出場は13試合に留まった。
なんて不運なんでしょうね。。。
そして2019年8月1日にセルビアリーグのパルチザン・ベオグラードへと移籍し、活躍が期待されるところです。
今までの鬱憤を晴らすような活躍を楽しみにしてます。

浅野拓磨選手の一番の武器はDFラインの裏への飛び出しとスピード。
テクニシャンというよりも一瞬のスピードで相手を振り切ってゴールを量産するタイプ。
日本代表でも後半から浅野選手が出てきてゴールすると超盛り上がるんですよね!

 

ジャガーポーズ

スピードを武器にゴールを狙い続ける姿からジャガー浅野と呼ばれており、ゴール後のパフォーマンスでもジャガーポーズを採用しています。
顔の横で両手の爪を立て、口を大きく開けるジャガーポーズ。

このジャガーポーズをたくさん見せてくれぇー!
日本代表にもまた呼ばれるような活躍を期待したいとこです。
アーセナルのユニフォーム着ての活躍も見たかったのも本音ですけどね。
また活躍して強豪へと移籍を果たして欲しいと思います。

これからも活躍を楽しみにしたいジャガー浅野選手でした。
それでは、またっ!



サッカーカテゴリの最新記事